君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


疑って信じて見なくなる、それは信仰かい
僕は信じるということについて、考えを巡らせている
信じるということはどういうことなのか
神を信じるとは何を言うのか

今、僕が僕だけに通用する考えはこうだ
「信じるということは、不確かなものを自分自身で選び取ること」
それを確かなものだと感じた時点で、僕はそれを信仰とは呼ばなくなる

例えば、現在の世界の成り立ち
物理学の世界では、この世界がどうやって出来ているかを証明できない
クオークが集まって出来ている?
そんな単純なものじゃない
この世にどのような力が働いて、「なぜ」それが起きるのかすら分かっていない
つまるところ、科学も信仰の世界であり、一概に信じるものじゃない

だけど、だからといって聖書が唯一の真実だとなぜ言える?
そう、「なぜ」言える?
個人的な霊的な経験からかい
悪いがそれなら、マホメッドや仏陀もしているはずだよ
そう、他宗教の人でも霊的な体験話は腐るほど出てくる
それが、偽者か本物かを君はどうやって証明するんだい
自分の感覚以外で、何か僕に証明できるのかい

霊的な話をたくさん聞いて、キリスト教が真実だと思い込めば満足かい
悪いが、僕にはコミュニティに浸って外の世界を見ないようにしているだけにしか見えないときもあるよ
他宗教の霊的な話を聞いて、「サタン」と軽々しく言えるときは特にね
君がサタンじゃないと誰が僕に証明してくれるんだい
君が拠り所とする聖書だって、福音書のイエスの言葉の多くにおいて弟子の加筆が常識なんだぜ
キリスト教の歴史家の間ではね

聖書が真実
この一言がどんなに重くて、また残酷か君には分かるかい
聖書以外の価値観に触れることも許さず
自分達と同じ価値観を強制しようとする様すら時には垣間見えるんだ

癒された、異言を話した、預言をする
ああ、素晴らしいことかもしれないよ
君にとっては、それが絶対的な真実なのだろうね
だけれでも、僕には真実かどうかなんてとても分からないよ
君はそれを信じるのではなく、当たり前のものとしてしまった

証明の術が見つからない僕等のはずなのに
なんだって、僕等はいつだって断定してしまうのだろう
ただ、信じることしか出来ない無力なものなのに

弱さゆえか、それとも強さゆえか
何かを否定するところから、すべての道は閉ざされる
解決の糸口すら見えない
悲しい世界だ

言葉を紡ぐことにすら、僕等は不器用なのだと実感するよ







にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン






スポンサーサイト


この記事に対するコメント
なるほど。
クリスチャンが言うところの「サタン」、一体誰の力でサタンと断言しているのか?
…よく思うことです。霊的な見分けを断言してしまうこと自体が非常に恐ろしいと思います。霊的な働きはキリスト教だけではありません。ましてや聖霊の働きを証しするのはキリストを讚美すること、伝導することのみに固執するならば、それを客観的に証明することは困難だと思います。
聖書に(マタイ11:18)「知恵の正しさは、その働きによって証明される。」とあります。クリスチャンが「隣人を愛しているか?」はキリストが救い主であるかを証ししているように思います。クリスチャンが隣人を愛していないならば、いくら聖霊に満たされていると歓んでも自分のためだけに終始しているのではないでしょうか。
【2009/01/24 18:28】 URL | ひつじ企画(ひつじさん1号) #- [ 編集]

>ひつじ企画(ひつじさん1号)さん
確かに聖書には「知恵の正しさは、その働きによって証明される」とありますね。しかしながら、それはすぐに表れるものだけに限られるのでしょうか。
10年後、50年後、100年後にその働きの業が表れることもあると思うのです。
ですから、行いで分かるからと簡単に行いを見て刹那的に判断することも間違っているのではないかと思うのですよ。
【2009/01/25 00:04】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

一概には言えないかと思います。
判断は受け手の考え方にもよりますし。目が閉じていれば長年見てても見えない場合もあります。
【2009/01/25 03:21】 URL | ひつじ企画 #- [ 編集]

ちなみに
私は「知恵の正しさ」は長期的目線で見るものだと思っています。
そうした意味ではクリスチャンは何をしてきたのか?と疑問に感じています。
【2009/01/25 03:26】 URL | ひつじ企画 #- [ 編集]

>ひつじ企画さん
ええ、そのとおりです。
受けての判断によっても変わりますし、その長さによっても変わる。
人がその行いをなぜ正しく判断できましょうか。
そのあたりも含めて、すべては神様の御手の中にあるのだと思うのですよ。
【2009/01/26 09:44】 URL | #- [ 編集]

失礼します
サタンねえ!!去年クリスチャンになった
穏健派で不信仰なくリスちゃんです。何もかもサタンのせいにするのは、サタンもいい迷惑かもしれませんねえ(笑) まあ、サタンのせいにする現象は人間の行動に例えているというのが今の世の現状でしょうね!!新約聖書でイエスがサタンに勝利したのにサタン・・・サタン・・・
ああああ・・人間って何て不信仰なんだろうね!!でもその不信仰の人間を許す神がいるから安心なんですよ!!ノンクリスチャンでも
死=終わりでいんですよ!!全て神の魂を受け継がれるのだから・・
【2009/02/17 23:12】 URL | †Ray #4FaYo2M2 [ 編集]

>†Rayさん
返信がかなり遅れましたね。
サタンってなんでしょうねえ。
どうでもいいですよ。
そんなことよりも、人を愛することに目を向ければそれで勝ちですよ。
【2009/04/22 19:06】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/174-6a0b349f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。