君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神様にまる投げ
神様が自分にとって最良の道を用意してくれる
よく聞く言葉だ
その信仰はその信仰で素晴らしいと思うよ
それは、嘘じゃない

だけど、それを逃げ道に使っている人もいるだろう
自分が何かしたい
何か出来ることがあった
神様がそれを用意してくれた
だから、自分はそれに打ち込む
後のことは神様がなんとかしてくれるさ
僕は、自分の責任を果たしているもの

それは本当に神様に任せているのかい?
自分が責任を負いたくないから逃げている人もいるんじゃないのかい
僕はその人のそんな弱さを責めたいわけじゃない
僕が批判したいのは、そんな弱さを信仰という強さで覆い隠すことだ

弱さは僕等にとって強さだろ
僕だって弱いところや、駄目なところがたくさんあるよ
だからこそ、僕は人に対して深く考えようとするんだ
出来るかどうかは知らない
だけど、それが僕の行動原理になるんだよ

なのに、なんだって自分の弱さを隠すために過剰に信仰を強調するんだい
君はそのままでも充分素晴らしいはずだろう

信仰ですべてを計るような教会が間違っているのかもしれない
それに、その中で自由に自分の信仰を表現できないのかもしれない
だけど、それでも僕は君に自由に解放されて幸せでいて欲しいんだよ

そのやり方も力も無い僕の言葉なんざぺらぺらかもしれないけど
頼むから、信仰で自分の弱さを隠さないでおくれ
そいつは僕等にとって誇りだろ?






にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/173-6817e179



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。