君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あけましておめでとうございます
年末にインフルエンザという不運をもらいましたが、年明けの瞬間にはほとんど治っていました
また、新しい一年を迎えられることを感謝します
しばらく、ブログの口調を少し丁寧にしたいと思いました
ただ、無礼でいるよりいんぎん無礼のほうがより良いかな、と

日本では、神社に初詣をしたり絵馬を書いたりおみくじを引いたりしますね
そのことに対して、キリスト者(特に福音派)は霊的に良く無いと言いますね
何をもってして、霊と呼ぶのかが僕にはよく理解できません

まず、日本における神はカミです
GODとは違う概念であることをまず理解しなくてはならないと思います
自然に対する畏敬の念が日本の文化の根底には存在している思います

日本はその自然に対する畏敬から独自の文化を創り出し道徳を育んできました
しかし、それは本当の神様を知らないから偽者だと一概に断ずることは出来るのでしょうか
神様の創造の業が最も表れている自然からの文化
それは、神様に対する畏敬の念とも言い換えても言いと僕は思います

また、聖書の中では神様との関係ともう一つ、人との関係の重要性も唱えています
ただ、聖書とは違う理由で日本の宗教、文化を霊的に良くないと断ずること
それは、日本の文化を創ってきた我々の祖先をないがしろにしていると言って間違いないでしょう
祖先に対して畏敬の念をもてない人間が、神様に対して畏敬の念をもてるでしょうか
僕は出来ないと思います

ただ単に、キリスト教とは違うからとすべてを霊的に悪いと言う姿勢
その寛容の無さは僕は、むしろキリスト教的だとはとても思えません
ですから、僕等が新しい信念を迎える上でどうか日本の文化も大切にして欲しい

日本は宗教の絶対性を無しに、道徳を育んできた数少ない民族です
それを断ずるのではなく、むしろその根底に流れる精神を深く理解してキリスト教徒として新たに価値観を変化させていきたい
僕は、そう思います

あけましておめでとうございます
今年も良いお年を




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/165-479fc1cd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。