君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神様とは、「神」とはなんだろうね
昔から、色々な論議の種になる神様
神様というのは、いったいなんなのだろうかね
聖書に書かれている神様が神様だと言うかもしれないけど
僕は、そいつを受け入れてはいないんだよ

モーセの時代には神様は女だった
というより、そういう形容詞が使われているらしいね
また、神様は嫉むらしい
そして、時には虐殺を命じ奴隷制度も容認する

そういうった、神様を僕等はハレルヤと叫ぶのかい?

イエス様が語った神様もそれと同じなのかい
僕は違うと思うんだよ
僕が新約聖書の中に見たイエス様はただ弱者の味方だった
地獄に投げ込まれる人々を羅列した後でさえ
その人たちすら救うために来たと仰っているように見えたのさ

神様が御自分の御子を捧げたとか
神様が人格を持っているのだの
正直、僕にはどうでもいいことなんだ
それを信じている人たちを否定するわけじゃない
あくまで、「僕」がどうでもいいだけなんだ

僕にとって、一番耐えられないのが自分の人生に何の意味も無いこと
この世界に何の意味も無いこと
それが嫌だから、意味と価値を与えてくださる神様を信じている
そして、その根源的な愛ってやつがなんなのかを知りたい

僕はそれだけで、クリスチャンと名乗っている
イエス様の贖いも、きっと本当だと思っている
だけど、一番はやっぱりそこなのさ

相対的なこの世界の中で、絶対的なものを信じようとする心
不完全な人間が完全なものを求める
パラドックスが笑っているけど、そいつがしかめ面になるところを見たいものだよ

いつの日か僕は死ぬ
だけど、その時がスタートだと思える今の気持ちはそう悪いものでもない
自分を誤魔化しているだけなのか
それとも、人間のあるべき姿なのか
気にしていたらきりがない
自分の頭の仲の世界が一番になっていく

だからこそ、僕は何も知らない
そう思っている
だけど、そんな自分も好きなのさ






にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
はじめまして
いくつかの日記に簡単に目を通した程度ですが、率直な思いと内に秘めた強さが伝わりますし、とても賢明な人だという印象を受けました。同じ北海道に縁のあるクリスチャンとして見習いたい、と思いました。どうも、ありがとうございました。
【2008/11/27 11:47】 URL | やす #- [ 編集]

>やすさん
過分なお言葉、こちらこそありがとうございました。
【2008/11/28 01:22】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/158-a656a2d5



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。