君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クリスチャンはカウンセラーじゃありません
昔、僕の教会にいた牧師を目指していたのかいないのかわからない人がいた
その人は、「カウンセリング」と言い、人の悩みを聞いていた
ブログを見ていると、カウンセリングという言葉がたまに出てくる
クリスチャンはカウンセリングをするのが目標、みたいなことを言っているところもあった

何をもってして、カウンセリングと言っているのだろう
悩みを聞いて、アドバイスをする
まあ、広義的にはこれもカウンセリングの内だから問題が無い
だけど、個人的には悩み相談という言葉で済ませて欲しい

うつ病だとか、そのほか精神的な疾病を患ってしまった人
その人たちへの治療は主にカウンセリングと投薬
なのに、その人たちにまでカウンセリングをしてしまうのは間違いだ
呪術師が医者の変わりにまじないをするのと何も変わらない

そして、一番問題のなのがもう一つある
悩んでいる人に対して、聖書に書いてあるからああしろ、こうしろと言うことだ
これは、カウンセリングじゃない
どちらかというと「行動療法」と呼ばれるものだ

カウンセリングの基本は、クライアントにあくまで自発的に結論を出させる
だけど、相談を受けた側が自分(この場合は神様か)の思うように行動させる
それは、現在の心理学の間でも倫理の面で揺れている問題だ
人の心を、自分の好きなように扱っていいのか?
そういったことで

それが悪いと言うんじゃない
その方法で、本人が満足することは充分にありえる
だけど、そういった背景を知らないで行なうのは僕は間違っていると思うんだ
そして、それを安易にカウンセリングと称して行なうのは間違いだ
というより、心理学を築いてきた人たちに申しわけが立たない

だから、カウンセリングという言葉を使う時は少しだけ考えてください
この世の人たちはとても考えてきました
それをちょいとつまんで使うのではなく
使うのであれば、せめてその背景を知って使って欲しいと願います









にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
まさに そう感じてました・・・私には、そんな事言えた立場じゃないので言えませんでしたが

他宗教も同じですよね・・・だから無宗教で神仏を信じてるのかもしれないです。

主治医に言われたことあります「宗教に逃げず、自分の心を静かに見つめなおす時間をつくってみなさい。宗教は何も助けてくれないです。あなたの求めてる完全な答えはいただけませんよ。最後は自分自身なんですよ」って・・・

主治医も闘病されてて、何か思うことがあったのかもしれません。とても心に響いた言葉で、宗教に入ろうとしていた私を止めてくれました。

宗教に何を求めるか。。。なのでしょうか・・・
人それぞれなので、何とも言い難い 難しいものですが、思いやりを持った心になりたいですね・・・どんな時も
【2008/11/12 12:00】 URL | みみ #- [ 編集]

>みみさん
宗教に逃げる…ですか。
逃げていなければいいと思うんですけどね。駄目なのでしょうかね…。
僕は、人を信じたいから宗教をやっています。
【2008/11/13 01:45】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

本当に心から祈ったり唱えたりすれば自分は変われると思って、今の苦しみから逃れたくて宗教の扉を叩こうとしていたから、主治医は「逃げ」と仰ったのかもしれません。

宗教に見返りを求めてるようだよって主治医は叱ってくれたのだと感謝しています。

宗教者の本質を見れない精神状態でしたので、第三者に付き添ってもらうなりして独断で入らないようにとご注意いただけたまでです。

宗教とゆう名の下、恐ろしいこともある・・・私の探してる答えを求めていくと危険と教えてくれたのかと思っています。

人生は、いろいろありすぎますね・・・



【2008/11/13 07:36】 URL | みみ #- [ 編集]

>みみさん
色々ありますよね。
僕もまだ、分からないことだらけですよ。
宗教はどんなものか問いかけて生きていきますね。
【2008/11/14 00:49】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/154-0dcf2d4f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。