君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


忘れていたんだよ、君にも愛があることを
忘れていたんだ
僕の信仰に、全ての人は愛を持っているって考えがあった
だけど、それなのに僕はそれを既存のクリスチャンに当てはめていなかった
寂しさや、自己顕示欲、満足感
そういったもので自分で自分に説明していた

それは、なぜ?
問題点があるからか、傷つけている人がいるからかなのか
そのことに気づいていないように見えるから?
僕が嫉んでいたからか、憎んでいたからか、馬鹿にしていたからか
なんにせよ、忘れていい問題じゃない

そう、僕と君は基本的に同じだったんだ
君は多くの人を励まし、また傷つけてきた
僕は君が励ました人を傷つけ、君が傷つけた人を励ました
方向性が違うだけで、やっていることは同じ
でも、その根底には結局のところ愛が流れていると思うんだよ
もちろん、それ以外にも流れているんだろうけど

だからね
君が純粋なキリストの知を求めると言うのなら、僕は別の知を蓄えよう
君が信仰を確固たるものにするのなら、僕は疑い続ける道を歩もう
でも、底に流れるものは同じだと思うんだ
君の中には愛があるんだろう?

君とは違う道を行く
それは、間違いないと思うんだ
だけどそれでもいい、そしてお互いが成熟したら話し合おう
僕等のコミュニティの中だけで幸せになっても結局はお互いを否定してしまう
だから、語りあおう
どうやったら、一致できるのか?
一致?いや、違うな

資本主義も、共産主義も、社会主義も、キリスト教も、仏教も、イスラム教も
今のところ世界を平和に出来てやいやしない
その結果が、今回の世界恐慌一歩手前だ
だから、君と僕で僕達で話し合おうよ
新しいものを
それは、君が言うように古い聖書の中にあるのかもしれない
僕が言う知識の中にあるのかもしれない
だけど、それをただ主張しあったって納得なんて出来やしない
だから、話し合おう

今が転換点だ
いつだって、転換点だったのかもしれない
君と僕の僕達で
もっともっと語り合いたいんだよ






※クリスチャンがイデオロギーに左右されず話し合える場をネット上で作りたいと思っています。
賛同、協力してくださる方はメールをください
hitoemabuta56@yahoo.co.jp



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン



スポンサーサイト


この記事に対するコメント
この記事を読んでとても温かい気持ちになりました。

最近はコメントしてないですがいつも見ています。

問題提起というと少しちがうかもしれないですが、一重まぶたさんの記事がわたしにかんがえさせてくれるのがうれしいです。
【2008/11/05 21:45】 URL | sixteen #- [ 編集]

>sixteenさん
最近、怒りが消えてきました。
その心境の変化が伝わったとのだとしら嬉しいです。
【2008/11/07 08:59】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/150-694d123b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。