君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


僕の生まれた意味
神様を褒め称えるために生まれた
伝道をするために生まれた
神様のために生きていく

そんな言葉をよく聞く
だけど、そんな言葉は僕は吐けない、吐き出せない、吐きたくない
一見、敬虔なクリスチャンに見えるだろう
だけどね
結局のところ、その理由によるんだよ
幸せになりたいから
その理由だとしたら、自分にとって一番良い道を選んだだけ
結局のところ中心は自分だろう?

それなのに、否定するんだよ他の人たちを
自分達が持っている幸せ以外を否定するんだ
数多くのノンクリスチャン達が残した恩恵にぶら下がりながら
それなのに、ハレルヤと叫びリバイバルを謳う
僕は、その姿はたまらなく嫌いになる

神様に感謝するのならば、神様が創りたもうた人間にも感謝しろ
キリストを救い主と崇めるのなら、君等が言う救いにあずかれなかった人たちに尊敬の念を
この資本主義の世の中に、ブログでメッセージを発信し、受け取れるのはその人たちの苦しみのおかげなのだから
僕等は神様から恵を受けているだろう
だけど、ノンクリスチャンの苦しみからも恵を受けているんだ





にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
>結局のところ、その理由によるんだよ幸せになりたいから
何か一重まぶたさんの発想は、エホバの証人に似ていますね。
エホバの証人が伝道する理由、それは救いを受けたいから。
クリスチャンの伝道するホントの理由、それは救いを受けたからその喜びを他の人にもあじわって欲しいから。それが神の御むねでもあるから。
一重まぶたさんの言う神様を褒め称えるために生まれた、伝道をするために生まれた。神様のために生きていくという信仰告白の理由、それは自分が幸せになりたい為。
クリスチャンが言う神様を褒め称えるために生まれた、伝道をするために生まれた。神様のために生きていくという信仰告白のホントの理由、それは神様によって幸せを感じたからですよ。
ザアカイと同じです。ザアカイは救われてうれしくて自分の財産を差し出しました。幸せになりたい気持ちのままだと、現実的には損をするわけですから財産は差し出せないでしょう。
>結局のところ中心は自分だろう?
クリスチャンはその事をよく知っています。自己中心が罪の元なのですから、いつでも神中心に生きようとしていない自分に気がつけば、悔い改めて進もうとします。
自己中心なままだと神をほめたたえるどころか自分をほめたたえるし、伝道なんてダサイし、面倒くさいと思うのではないですか?
神を利用して自分の幸せを追求する陰湿な人間、それがクリスチャンという一重まぶたさんの理論はちょっと無理があると思います。
>神様に感謝するのならば、神様が創りたもうた人間にも感謝しろ
個人的に皆感謝をすべき周りの人には感謝をしているのではないですか?
そのような周りの方々を置いて下さったのも神様。全ての恵みは人を通しても来ますが、それさえも神の許しなしには何一つ起こらないのですから、神に全ての感謝をささげるのは当然だとは思いますが、それと人間への感謝はレベルが違うと思いますよ。
>ノンクリスチャンの苦しみからも恵を受けているんだ
具体的にどんな事なのか教えて下さいませんか。
【2008/10/08 09:44】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

幸せも人それぞれ、信仰も人それぞれ、こんな曖昧さは許されないでしょうか・・・

よくは知らないのですが、仏様は皆に分け隔てなく愛をそそいでくださるそうですが、キリスト様はクリスチャンじゃないと愛をそそいではくださらないのでしょうか・・・?

キリスト様も仏様ときっと同じではないのでしょうか・・・
人がただ、分け隔ててるだけなのかも・・・

一重まぶたさんの苦悩の答えは一重まぶたさんにしか出せない・・・
私もそうです・・・
苦悩は違っても、いつかお互い晴れた心にたどり着きたいですね。。。
【2008/10/08 10:10】 URL | みみ #- [ 編集]

>かあちゃんさん
たまにもの凄く失礼ですよね。
エホバの証人と同じなのは、むしろ熱心なクリスチャンのグループだと思いますよ。
というより、エホバの証人もあなたと同じことを喋ります。
そして、人間はダサいとか面倒くさいとかじゃなくて、コミュニティによる安心感を得るならそういったことは普通にやりますよ。
動機が自分が幸せになりたいから。いいじゃないですか。神様中心と言うときその動機があたかもないかのように振舞うところに僕は、最も大きい偽善を感じるのですよ。そして、それを見ようとしないところに。
>ノンクリスチャンの苦しみからも恵を受けているんだ
>具体的にどんな事なのか教えて下さいませんか。
あなたは、料理をする時焚き火でやるんですか?
洗濯は手で洗いますか?
公共施設を一切使わないのですか?

>みみさん
いえ、神様はどんな方にも恵を注いでくださると、言っています。
しかし、救いの恵だけは信仰が無いと駄目だといっているのが現状です。
それは、おかしいと言っているのが僕みたいな人間です。
晴れた心になりたいものです。
だけど、晴れなくてもいいかな、とも思うんですよね。
【2008/10/08 22:41】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

>動機が自分が幸せになりたいから。いいじゃないですか
そうですね。一重まぶたさんのステージではそれは良いのでしょう。
でも実際にクリスチャンとして私がそう考えて信仰告白するなら、私は悔い改めなければなりません。
「幸せになりたいから神様のために生きていく」という告白。
結局は神様の為に生きるという名目で、幸せを手にしようとする不純な心。
両親を愛して従順そうにふるまうが内心は違って、ただ親の財産が欲しいだけの子供って感じですかね。
私が神様ならこんな下心たっぷりの本心からでない告白には、嫌悪感を感じます。
けど、そんなのじゃない!!
私達が神様を愛して褒め称え、神様の為に生きたいと願う理由。
イエス様が私の為に苦しんで、身代わりになってくれた程に私を愛してくれたから。
そして今この瞬間も私から離れることなく、守り支え私と共に生きて下さっているから。渇く事のない水を飲ませてもらって、満たされたから。
もうすでに感謝でいっぱいで「幸せは神様からもらったから、神様の為に生きていく」のです。

>料理をする時焚き火でやるんですか?
>洗濯は手で洗いますか?
>公共施設を一切使わないのですか?
つまり文明の利器の背後には、あなたの言うようにノンクリスチャンの苦しみがあるでしょう。
しかしその中にはクリスチャンの苦しみも含まれている事を忘れないで下さい。
仮にノンクリスチャンだけの苦しみだとしても
>神様に感謝するのならば、神様が創りたもうた人間にも感謝しろ
と言われるのは理にかなっているとは思えません。
理にかなっていると思われるのなら、仏教徒や神道の方にも「神仏に感謝するのならば、神様が創りたもうた人間にも感謝しろ」と言うべきです。
【2008/10/09 09:15】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

「救いの恵だけは信仰が無いと駄目だといっている」
なんだか窮屈な感じがしていまう私です・・・
こんな私に救いはもたらされないんでしょうね・・・

こんな私でも人によって生かされ支えられてると感じます。
神様よりも人を身近に感じ、大切にしたいと思うのは罰あたりなのでしょうか・・・

こうして思考錯誤してる時間は、嫌な事も忘れられる時間です。
一重まぶたさんは、いかがですか?
【2008/10/09 10:26】 URL | みみ #- [ 編集]

>かあちゃんさん
言っていること逆になってません?
クリスチャンの伝道の理由は、救いによる喜びからですよね?そう言ってましたよね?
幸せになりたいからっていう理由は駄目。だけど、伝道の理由は救われた幸せから?
全く、意味が分からないのですが。

>そして今この瞬間も私から離れることなく、守り支え私と共に生きて下さっているから。渇く事のない水を飲ませてもらって、満たされたから。
もうすでに感謝でいっぱいで「幸せは神様からもらったから、神様の為に生きていく」のです。

結局神様が何かしてくれるから、何かしれくれたから信じているとしか聞こえないんですが。
あと、そして文明の発展には確かにクリスチャンも関わっていますよ。
しかし、ノンクリスチャンを軽視する理由はどこにもありません。
使っているのに、感謝しないのはむしろ神様に対する冒涜ですよ。
そして、仏教は仏、神道は「神」ではなく「カミ」の世界の話で全く違います。

>みみさん
いや、それでいいと思いますよ。
みみさんに救いがもたらされていると僕は信じています。
僕は、ですけどね。
試行錯誤しているときは確かに嫌なことを若干忘れます。
いや、どうなんでしょう…。考えすぎることも多々あります。
【2008/10/10 01:16】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

「救いによる喜び」と「救われた幸せ」。つながりませんか?
喜んでいるのに不幸な人なんているのでしょうか?
そもそも伝道理由が1つだけなんて事も言ってはおりませんが?
>結局神様が何かしてくれるから、何かしれくれたから信じているとしか聞こえないんですが
してくれるからと、してくれたからでは大きな違いがあります。
神様から命をもらって、生きるために必要な酸素もオゾン層も水や食べ物も全て与えられて、聖書による知識も与えられたから信じたのです。神様から何もいただかずに信じている人なんていないでしょう。
【2008/10/10 14:38】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
幸せを求めることは良いことなのですか?悪いことなのですか?
神様が何かをしてくれるからもしてくれたからも結局のところ中心は自分でしょう?
それなのに、自分中心を批判している姿にあべこべさを感じているんですよ。
【2008/10/10 22:36】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

>幸せを求めることは良いことなのですか?悪いことなのですか?
省略すると一見何でもない立派な言葉ですが、今回の議論の中には正確には「幸せを求める事で(神を意識的に利用しようとする)事は良い事なのですか?悪い事なのですか?」という毒が含まれています。
神様は人間に侮られるような方ではありません。そのような不純な動機の礼拝や祈りは神に受け入れられるのでしょうか。
カインとアベルのところからも捧げものという行為は表面的には二人のどちらも良い事をしたように見えても、人の心の中も見通す神様の目にはそう思われない事が学べると思います。
>神様が何かをしてくれるからも、してくれたからも結局のところ中心は自分でしょう?それなのに、自分中心を批判している姿にあべこべさを感じているんですよ。
中心は自分という概念が私が言いたい事と違います。
神様が自分に何かをしてくれる為に伝道する、神様を褒め称える、神様のために生きていくという行為は自分の利益を目的にした、自分の為にする自己中心的な事であって、神様がしてくれたので伝道する、神様を褒め称える、神様のために生きていくという行為は神様への感謝の行為であり、神様の御心を行おうとする神様の為にする神中心の心であって2つは全く違うものです。
【2008/10/11 12:40】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
変わらなくないですか?
結局、自分に何かしてくれたから動くのであってはそれがなければ動かない。つまり、恵が無いと動かない。
何が違うんですか?
【2008/10/13 16:39】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

>結局、自分に何かしてくれたから動くのであってはそれがなければ動かない。つまり、恵が無いと動かない。 何が違うんですか?
今回の議論は「クリスチャンは恵みを受ける為に動く」というあなたの言い分と「クリスチャンは恵みを受けたので動く」という私の言い分でしたよね。
論点がズレないように、この点に絞って話します。
ここで一重まぶたさんが出している恵みという言葉について考えたいと思います。恵みとは一方的に受ける資格のない者にめぐむことであり、何かと引き換えに手にするものは恵みとは言いません。クリスチャンは恵みを受けたことを知ったので感謝が起こり聖霊に満たされて神様を褒め称え、伝道をし、神様のために生きていくのです。
先にも言いましたとおり、恵みとは一方的に受ける資格のないものにめぐむことであり、何かと引き換えに手にするものは恵みとは言いませんので、神様から恵みを受けたいと思ってクリスチャンが神様を褒め称え、伝道をし、神様のために生きていくという「行い」をしたとしても得られることは決してありません。
だからあなたの言い分の「クリスチャンは恵みを受ける為に動く」ということをしているクリスチャンがいるとすれば、恵みを勘違いしているのであって、もし恵みを受けたいと願うなら神様の前にへり下って祈り求める事を私達クリスチャンはするのです。
【2008/10/13 21:42】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
いいえ、違いますね。自己中心化どうかが僕の論点です。
恵を「受けた」から。それも自分が受けたから、信じている。
それが無ければ、動かないでしょう。確かに、神様の愛は全ての人に注がれています。しかし、もしもそれが自分だけに注がれていなかったとしたら信じることは無いでしょう。
つまり、結局のところ自分が中心だと言っているのです。
【2008/10/15 03:48】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

それが論点でしたか?
ならば私の勘違いで、長々と全然かみ合わない議論をしていたのでしょうか。
いずれにしても、一重まぶたさんの言いたかったことは未だに理解できませんが、特に私の意見と対立するものではないと認識しました。
【2008/10/15 23:37】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
いや、対立はしているんですよ。
結局、僕は信仰すら自分のエゴだという立場ですもん。
【2008/10/16 09:52】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/133-0dcc4965



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。