君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神様が僕に良いものを与えてくれた? じゃあ、ハレルヤとは叫べない叫ばない
僕のこれまでの人生の中で
恵みという恵を神様から来た覚えは特に無い
いや、正確にはある
だけど、それは人が与えてくれたものの中に、僕は神様を見た
それだけの話だ

僕は不細工だ、良く言えば三枚目
だから、気さくになった
僕の家は貧乏だった、借金すらあったよ
だから、お金の大切さは知っている
僕の家は母子家庭だ
だから、男女の愛のはかなさも知っている
僕は元不登校児だ
だから、一人ぼっちの辛さが分かる
親父が中三の時に死んだ
だから、親を亡くす悲しみも分かる

この辺かな、不幸自慢をするとしたら
だけど、「だから」に続く知っているだとか分かっているとか言う言葉はクソッタレだ
というより、嘘っぱちさ
僕は結局、自分の世界のことしか知らない
というよりも、その体験で分かったり知った気になっている自分がいるとしたらそれこそ反吐が出る

それに、僕は別に不幸を体験していなくても僕は多分こうなっている
僕は不幸自慢をすれば出来る、客観的に語ればね
だけど、僕自身はとても幸福に生きてきた

なぜなら、僕の周りには良い人が多くて
どんな境遇でも、愛というものを感じることが出来たから
心を傷つけられることもあったさ
だけど、結局のところ人の心の根源的な愛に救われる
というより、未だに信じられるだけのものは見ている

その時神様が何をしてくれたかって?
特になにもしていないんじゃないかな
助けてくれと願っても、状況が良くなったことは無かったよ
柱に頭を打ち据えた方が、傷みで気がまぎれてましだったよ

だけど、僕は神様に感謝している
僕という存在、そして僕の周りの人々の存在があることに
それだけで充分だ
特別な恵とかは、これ以上望むはずも無い
一番欲しいものは、すでにここにある

神様が与えてくれたもの
それは、存在と意味
それだけで充分だ
生きていることに価値がある
それなのに、自分がやりたいことを出来る
まあ、挫折もあるけどそれなりにやれてはいる

あとは、努力や運や才能や腕力や権力の世界だ
何でもいい
「力」は必要になってくる

だけど、それを蓄えられる能力は生まれた時からある
存在させてくれてありがとう、神様
そいつだけは、本当に感謝しているんだ

良いものを、恵を与えてくれるからハレルヤとは叫べないけど
僕はあなたのことがとても大好きですよ

正直、人生は楽しいよね







にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン



スポンサーサイト


この記事に対するコメント
人生は楽しい。。。

一重まぶたさんに愛が在るから、周りにも愛が在ったし、感じる事ができる心を持っている。。。嫉妬しちゃいます☆

いろんな葛藤に答えは無いのでしょうが、曖昧な範囲を広げてみようって思いました。
ゆとりがないと、愛を感じる心には慣れませんよね・・・きっと・・・

答えも解決の道も一つではないのかもしれませんしね・・・

心から感謝を感じたいなぁ~

【2008/10/04 09:54】 URL | みみ #- [ 編集]

一重まぶたさんにとって恵とはどんなものですか?

【2008/10/05 21:37】 URL | sixteen #d02SCtBo [ 編集]

>みみさん
僕に愛があったのか、それとも周りの人の愛が僕をそうさせたのか。
わからないところですよ。
ゆとりがないと、愛を感じることが出来ない。
それも一つの真理だと思います。
また、極限状態を経ないと愛を感じられないかもしれないとも思います。

>sixteenさん
僕にとっての恵は、存在していることと生きている意味があることです。
【2008/10/06 23:52】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

「極限状態を経ないと愛を感じられないかもしれないとも思います」
同感です。

互いに愛を感じる心がないと、一方通行で終わってしまうと思います。

一重まぶたさんに愛を感じる感受性があった事は確かだと思います☆
【2008/10/07 06:30】 URL | みみ #- [ 編集]

>みみさん
僕が愛を感じる感受性があったか…。
求めていたのは確かです。
そして、諦めた。
そうすると、愛を感じたんですよ。
【2008/10/08 02:10】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

“恵という恵を神さまから来たことはない”

もし存在していることと生きている意味があることが恵なら神さまからもすばらしい恵をもらっているじゃないですか!!

その2つは人間には与えることができないと思います。
だから神さまに 感謝します。
【2008/10/10 17:51】 URL | sixteen #d02SCtBo [ 編集]

>sixteenさん
ええ、正にあなたの言うとおりですよ。
ですが、クリスチャンの世界でそり以上の恵を求めてハレルヤと叫ぶ人たちを見たことはありませんか?
僕のその言葉はその人たちに対する皮肉です。
僕は、自分の恵を知っていますよ。
【2008/10/10 22:34】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

よかったぁ…
恵を感じないのって悲しいなと思ったから

そんな人たちもいます。
その人たちは祝福を求めているのでしょうか。

【2008/10/12 20:21】 URL | sixteen #d02SCtBo [ 編集]

>sixteenさん
祝福を求めているんじゃないですか?
常に満ち足りていながら、常に渇いているんですよ、きっと。
【2008/10/13 16:36】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/131-68ea3f12



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。