君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聖餐式
今、日本基督教団で聖餐式のあり方が問題になっている
それは、聖餐式を洗礼を済ませた信徒だけに施すか
それとも、未信者を含めて集会に参加した参加者全ての人に施すか
このあり方が問題になっている

以前の日本基督教団はどちらでも問題になっていなかった
だけど、今は信徒だけに聖餐式を施す方向に動いている
最近起こった問題は、未信者の方にも聖餐式を施した牧師が免許を剥奪されたこと
つまるところ、日本基督教団にも改革の動きが出てきたということだ

僕は、昔からオープンの場でやってきたから、クローズにしろと言われると戸惑ってしまう
そもそも、イエス様がパンとぶどう酒を弟子達に与えた時は
弟子達は、イエス様が贖い主だということを信じてはいなかった
だから、未信者には「恵」という形で与えればいい
と、僕は思っている

だけど、クローズの人たちも人たちで言い分はあるのだろう
僕自身、全ての聖餐式をオープンにしろなどと言うつもりは毛頭ない

だけど、問題なのはどちらかに強制をすることだ
そして、異にそぐわないものを排除する
それこそが、真の問題だ
なぜなら、両方に言い分があり
それは、神学的な問題だからだ
異にそぐわないものを排除するのは、寛容さを失い自分を是とする最も傲慢なものだ
それは、いけない

神学的に違うから対立する
その問題のせいで、ま教会は混乱する
そして、神学云々じゃなくて結局多数派が勝利するキリスト教会
結局、権力を持つものが強いキリスト教会
たとえ、どんなに良く見えてもそれじゃあ十字軍を作り虐殺をしていた昔と同じじゃないか

僕は、日本基督教団にそんな風になって欲しくない
元々、色々な考えの人たちが集まって出来たものなのに
それなのに、単一の考えで染めてしまうだなんて

そんなのは悲しすぎる






にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
同じ信仰の共同体」に居ることを再確認する行事って聖餐式の事を調べたら書かれてありました。本当の意味はわかりませんが、免許を剥奪された牧師さんに対して、許す愛は訪れなかったのでしょうか・・・

免許の剥奪は、神様の下した事なのか、人の下した事なのか・・・どちらなのでしょう・・・
【2008/09/30 15:22】 URL | みみ #- [ 編集]

>みみさん
聖餐式の意味は、多岐にわたると思います。
カトリックではまた意味合いが違い、プロテスタントでも上記のように考えの違いが生まれます。
ただ、僕は儀式が人に勝ってはいけない、と思っています。
それは、律法を上にして人を蔑んでいた時代と何一つ変わりが無いからです。

免許を剥奪…。
僕は、人の下したことだと思っています。
【2008/10/01 01:16】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

免許の剥奪ではありませんので・・・
確認しておきたいのですが・・・
今回の件は、免許の剥奪ではなく、
「日本基督教団」の牧師として、戒規にふれたため、
「免職」となったというのが事実です。
まあ、「剥奪」だろうが、「免職」だろうが、
結果は同じ事なのかもしれませんが。
今回の免職に付いて、抗議するための「署名活動」も始まっています。
ご興味があれば、ご連絡ください。
【2011/01/17 00:21】 URL | ariga #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/128-fc357d35



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。