君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祈るということについて
祈ると言う行為を僕はそんなにしない
いや、しているけど祈っているという感じは無い
僕は、手を組まないしそもそも本当に神様に語りかけているかどうかすら分からない
一人で煙草を吸っている時の考えが、僕にとっては祈りのそれに当たるというだけだ

だけど、僕は熱狂的な祈りよりはそっちの方がよっぽどましだと思える
そのように祈る人の気持ちはわかる
楽しいし、救われる
だけど、それでも好きにはなれないんだ

ハレルヤ!
神様!
あなたは生きておられる神様です!
ハレルヤ!
このサタンの手に落ちている日本を救うためにリバイバルを!

そうやって、みんなで熱狂的に祈る集会
そうやって、祈るのはテンションを上げるためにしか思えない
そして、そうやって上げたテンションを「聖霊様の力が降りてきた」と言う
それは、逆に脳内物質に支配されているだけで
結局のところ、本当の聖霊様の力とやらから離れていると思うんだよ

2:マタイによる福音書 / 6章 5~7節
「祈るときにも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。偽善者たちは、人に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。
だから、あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。
また、あなたがたが祈るときは、異邦人のようにくどくどと述べてはならない。異邦人は、言葉数が多ければ、聞き入れられると思い込んでいる。


聖書を文字通りに読むと言う逐語霊感説の人でさえ、この聖句を意図的に無視している
そういう気持ちにならなければいい
私達はなっていない
だから、熱狂的に祈っていてもいいんだ!
そういう風に考えているんじゃないかい

それは、変だよ
聖書を文字通り読めって言うのなら、ちゃんと祈る時はひっそりやりな
そうしないなら他の部分にももっと柔軟性を取り入れなよ

日本人なのに、アメリカやラテン系のノリで行くことにどうも違和感を感じるんだ









にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
ある人はこの聖句から神様と2人だけになって、仮面を脱ぎ、正直になって、人には言えない心を注ぎ出す。その関係を主は求めておられる。主は報いてくださる。と書いてありました。本当にその通りだと思います。
しかし聖書の時代の教会も、祈りは一人きりでいつも行われたわけではありません。

使徒 1:14 この人たちは、婦人たちやイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちとともに、みな心を合わせ、祈りに専念していた
使徒 2:42 そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた
マタイ 18:19 まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。

皆で心を合わせて祈る事だって大事です。
そのスタイルがアメリカやラテン系のノリだと感じ、自分に合わないと思うなら別にその中にいなければいいし、大勢の中で祈っている人たちだって個人の祈りではひっそりと行っているのになぜそう言われなければならないのでしょうね。
【2008/09/16 20:19】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

こんにちは☆
確かに聖書はそう書いているし、一人きりで祈り、というか神様と二人きりの時間を過ごすこともとても大事だと思います。
でも、聖書は
マタイ18:19-20には、二人が心を一つにして祈るなら神様はそれを叶えて下さる。二人でも三人でも、イエスを信じる者同士が集まるなら、イエスはその真ん中にいる。
とも書いてあります。

だから、一人で祈る時と、仲間と一緒に祈る時と両方必要なんじゃないでしょうか?
【2008/09/16 22:34】 URL | Chihiro #- [ 編集]

>かあちゃんさん
僕自身、礼拝の中で皆で心を合わせて祈ることに関してはなんら、異論がありません。
ただ、~のためにと目的を決めて文字通り叫ぶような里ノリの集会には疑問を覚えます。
叫んだら届くのか?叫ばざるをえないのならなぜ場所と時をわざわざ選ぶのか?
そう、思うと僕はそれはストレスの発散やテンションを上げるための祈りと思うんです。
そして、今回上げた聖書の箇所はそういったものをいましめるためだと思うんですよ。

>Chihiroさん
何かのために祈るのが、祈ること自体が目的となった時に今回上げた聖書箇所と同じようなことになると思うんですよ。
祈るという神様への会話という手段が、目的になる。
それは、少し怖いことですよ。
だから、心から皆で祈るのならばいいんですよ。
だけど、熱狂的に祈るのはなんだかなあ、って感じですよ。
僕自身の経験からしてもね。
【2008/09/17 00:26】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

詩篇 34:17 彼らが叫ぶと、主は聞いてくださる。そして、彼らをそのすべての苦しみから救い出される
出エジプト 22:23 もしあなたが彼らをひどく悩ませ、彼らがわたしに向かって切に叫ぶなら、わたしは必ず彼らの叫びを聞き入れる
イザヤ 58:9 そのとき、あなたが呼ぶと、主は答え、あなたが叫ぶと、「わたしはここにいる。」と仰せられる
聖書の時代の方々も叫んで祈ったようです。
でもそれはストレスの発散やテンションを上げるための祈りではないのはおわかりですよね。

問題は叫び祈る者たちの心の動機ですね。
心から願い叫び祈るなら、神様はその祈りをさげすむことなく聞いてくださいます。

>叫ばざるをえないのならなぜ場所と時をわざわざ選ぶのか?
えっ?時と場所をわきまえる事はマナーだと思います。
愛は礼儀に反することをしません。
所かまわず主に叫んで祈ったら、神様の事を全く知らない方々につまづきとなるのではないでしょうか。
【2008/09/17 09:32】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

私はノンクリスチャンとして教会に通ったりしていますが、熱狂的な賛美であったり、祈りであればあるほど、違和感を感じます。

なぜそう感じるかもわかりませんが、
感覚的に、クリスチャンとの心の距離が、遠く感じる瞬間ですね。



【2008/09/17 22:16】 URL | いづみ #- [ 編集]

>かあちゃんさん
祈りはどれも聞かれるでしょう。
愛は礼儀に反することはしないと仰いますが、ならば該当での伝道は礼儀に反していないのですか?
むしろ、時と場所を選び叫ぶことは単なるカタルシスの解放を求めているとしか思えません。

>いづみさん
僕も違和感を感じますね。
以前はそういう場に入っていたんですけど。今でもそういう場でも楽しめます。
ただ、冷静になるとあれ?って思うんですよ。
【2008/09/18 22:00】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

不完全な人間がする事ですから、気がつかないで配慮に欠けたりする事があるかもしれませんが一般にクリスチャンが街頭で伝道する際は、礼儀に反しないという教えに従って行っていると思いますよ。
私達の教会もcsの案内等を学校の前で配る時も、事前に校長先生へ連絡したりマナーを守って行っているつもりです。
【2008/09/18 22:54】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
今の時代、街頭伝道はそれだけで結構奇異の目で見られますよ。
一般の人からすると、道端で大声で祈るのと街頭伝道もパッと見にはそこまで変わらないと思うのですが。
【2008/09/18 23:24】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

そうですね。奇異の目で見られる時も多いですね。高校の前で案内を配ると、そう感じる時があります。
一般の方々はそう受け止める人が多いかもしれませんが、それが全てではなくそのような中にも福音を必要として救いを求めている人もいると思います。

2テモテ 4:2 みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。
との教えにもあるように、私達はどのような時代であっても奇異の目で見られるような時でも、愛と自信をもってこの福音を伝えていきたいと思います。
【2008/09/19 00:22】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
僕はただでたらめにあなたを批判したわけじゃない。
ただ、あなたが僕自身に省みるところがあると言うのと同じくらい、僕はあなたにも省みるところがあるのじゃないか、と言いたいのです。
【2008/09/19 01:07】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

あらっ?それが論点の真意でしたっけ??

>ただ、あなたが僕自身に省みるところがあると言うのと同じくらい、僕はあなたにも省みるところがあるのじゃないか、と言いたいのです。
こう言われるのなら私も同感です。
誰もが不完全な罪人なのだから、自らを省みて生きた方がいいですよね。
しかし省みるにあたって、基準が自分の考えだと甘すぎたり厳しすぎたり気をつけないと自分を批判し過ぎて、こころを病むことすらありえます

だから神様の言葉である聖書を基準にして、神様の目を通して自らを省みていこうと思います。

【2008/09/19 08:40】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
あなたとの論点はいつもそこですよ。
今回の話で、あなたは愛を礼儀を失ないといいながら街頭伝道にはやけに寛大だと。
その答えは聖書に載っているものなのでしょうかね。
【2008/09/19 23:50】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

街頭伝道の元祖は聖書ですよ。
ヨナやバプテスマのヨハネ、パウロもそしてイエス様ご自身が行っていた事で、これがあなたが首をかしげるような愛や礼儀に反する行為だとは、さっぱり私には思えません。
神の愛を伝えるための行為がなぜ礼儀に反するのでしょうか。
それを誰かに無理強いしたりといった事でもあったのですか?

どんな点でそう感じるのか、もう少し教えていたたけませんか。
【2008/09/20 01:49】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
それは、その時代はそれで有効だった話でしょう?
それを言うなら、裸になりながら祈るのもOKになってしまうじゃないですか。
日本人の一般目線から見たときに奇異に写ります。
そして、そういう行動がクリスチャンを偏見の見させてしまったら礼儀に反すると言えるでしょう。
【2008/09/20 03:06】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

>それは、その時代はそれで有効だった話でしょう?
時代だけのものなら、とっくに終了していますよね。
しかし今も世界中のあちこちで、路傍伝道が行われているのですから、今日も有効なのではありませんか。
>それを言うなら、裸になりながら祈るのもOKになってしまうじゃないですか
裸で祈ると聖書のどこかに書いてあるのですか?
私の記憶にはないので、どの個所なのかぜひ教えてください。
【2008/09/20 22:12】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
その感想は正にあなたの感想で、公的な意見ではないですよね。
そして、世界では有効かもしれませんが日本では奇異に写ります。
ヨブあたりが衣を引き裂いて裸で祈ってませんでしたっけ?
間違ってたらすいません。
僕が言いたいのは聖書の一部を切り取って私物化するのはおかしいと言っているんですよ。

【2008/09/20 23:08】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

一重まぶたさん、教えて下さりありがとうございます。
聖書の時代には悲しみと嘆きを表す表現として衣を裂くと言うことがありました。
数か所読んでみましたが、裂いただけで裸になったという記述はみあたりませんでした。
>その感想は正にあなたの感想で、公的な意見ではないですよね
公的な意見とはそもそも、どんな意見の事を言われるのか疑問です。
一重まぶたさんも公的な意見というよりも、私的な感想をブログで述べているのですから、私が私的な感想をコメントで述べてもいいのでは?
>世界では有効かもしれませんが日本では奇異に写ります
これも一重まぶたさん個人の感想で、公的な意見ではないですよね。
日本人にもいろいろな受け止め方の人がいるので、奇異に写らない方もいると思います。
なぜなら立ち止って話を聞く人や、トラクトを受け取りに自分から来る人もいるし、そこから教会へ来るようになった人から聞いても好感を持ってくれていたようですから。
>聖書の一部を切り取って私物化するのはおかしい
切り取ったと言うより引用したのです。
一重まぶたさんの教会でも礼拝や交わりで、聖書の御言葉から学んだ事を分かち合ったりしませんか。
それがおかしいといわれるのなら、世界の大多数のクリスチャンはおかしい事になりますし、私を含めたクリスチャンからするとその考えは奇異に映ります。
【2008/09/21 08:27】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
そうですか。
じゃあ、衣を裂くまではOkですよね。
もちろん、路傍伝道は奇異に移らない人もいます。しかし、同時に奇異に写るということは社会的な自称から見て、推測は出来る話でしょう?
叫ぶのは礼儀に反するからしない。路傍伝道は聞く人がいるからOK。
そういった主観的な判断を、「愛」故にされるのがいやなんですよ。
【2008/09/21 18:57】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

>叫ぶのは礼儀に反するからしない。路傍伝道は聞く人がいるからOK。
そういった主観的な判断を、「愛」故にされるのがいやなんですよ
私達はあなたや他の人々の好き嫌いの反応次第で動いているのではなく、神様の望まれる事を基準としているのです。
所かまわず叫び祈るのは、自分勝手で他の人を顧みず礼儀に反しており愛の行為からほど遠いので、神様の御胸にもかなっていないという判断です。
路傍伝道は人を救いに導く愛の行為であり、伝道は神様の御心を行っているという判断です。
すべての事は神様から見てどう映るかで、神の御心を行おうとするクリスチャンの行動は決まります。
私も一重まぶたさんがブログを通し、クリスチャンのしている側面だけをあげて批判しているのがいやなんですよ。

【2008/09/21 20:12】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
あなたが考える神と僕が考える神は大分違うのはご存知ですよね?
僕の目から見た時に、叫んで祈るのも路傍伝道も別段変わりはしないんですよ。
ただ、僕がおかしいと言うのは矛盾している出来事に対して、神様との想いとか愛とかで説明をつけようとしているところですよ。
【2008/09/22 01:43】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

そうですね。
あなたがそれを感じる事もそれを書くことも自由なのでいいと思います。
と当時に、聖書全体ではそんなことは言っていないと思われる事についてプログで書かれていたら、説明を加えながら別な個所ではこうも書かれているとコメントを出すことはおかしいことですか?
それでお互いの様々の意見の結果、平行線ならそれは仕方の無い事です。
私は一重まぶたさんの考えが変わればいいとだけ思ってコメントを出しているわけではありません。
これを読んだ人が「聖書ってそうなんだ」「神様ってそうなんだ」「クリスチャンってこうなんだ」って鵜呑みにされたら嫌なので、こちらの意見も書いているのです。

だからこんな意見もあるのかと、コメントしても右から左に流して下さって結構です。
【2008/09/22 08:29】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
僕は結構問いかけのつもりでブログを書いているんですが。
何より断定して否定するのは、いつだって僕じゃなくて聖書をかざしている人ですよ?
【2008/09/23 20:44】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

一重まぶたさん、結構問いかけの中にも断定や否定がいっぱいですよ。
そこは同じ土俵の上ではないでしょうか?
【2008/09/23 21:31】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
そうかもしれないですね。気をつけます。
ただ、僕の断定は「あんたがそう思っているだけだろ」ですむようなものですよ。
聖書を使って、断定するようなことはしていないと思います。
聖書を引用する時も、矛盾を出すためにしか使っていないつもりですよ。
【2008/09/23 21:37】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

>聖書を使って、断定するようなことはしていないと思います。
そうでしょうか?一重まぶたさんはマタイによる福音書 / 6章 5~7節を引用した後に
「この聖句を意図的に無視している」
と書かれたように聖書を使って、クリスチャンがあたかもわざわざその御言葉を無視し守っていないと断定していますよね。
とはいえ、私は別に聖書から断定する事は問題はないと思う者です。
断定とは国語辞典をみると、物事にはっきりした判断をくだすこととあります。
もちろん1部分だけではなく他の御言葉からも、全体を通して御言葉を読んでからでないと、聖書が語っている本意を安易に断定する事は出来ませんが。
何を信じるか断定しなければ、だれも信仰は持てないと思います。
イエスキリストが自分の罪の為に十字架にかかったと断定し、信じて悔い改めなければクリスチャンにはなれないのですから。
そういう点で聖書から断定することは大切だと思います。
【2008/09/24 21:07】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
それは僕なりの皮肉です。
僕自身は、逐語霊感説をとっていません。それはブログを見てもらえるとわかると思います。
だけど、逐語霊感説の人を見たときに、聖書にこう書いてあるけどどうなの?と言っているのですよ。
【2008/09/25 23:38】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

ふふっ、また戻ってきてしまいましたね。
そして論点はどんどんぼけてきました。
>僕自身は、逐語霊感説をとっていません。
それは承知です
>だけど、逐語霊感説の人を見たときに、聖書にこう書いてあるけどどうなの?と言っているのですよ
私もただその問いかけ対してコメントを出しているだけですよ?
【2008/09/26 08:00】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
あなたが、聖書を根拠に自分の絶対性を譲らない限り同じところに戻ってくるんですよ。
【2008/09/27 02:55】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

つまり、逆を言えば一重まぶたさんも自分の考えの絶対性を譲らないから戻るという事になりますね。
プログの中では、「頼むから信仰義認を信じている人々、それ以外に僕に反発を覚えている人なんでもいい僕を攻撃してくれ頼むから分かり合わせてくれ」と書いているのに心の底では自分の絶対性をしっかり持っているのですね。

【2008/09/27 22:55】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
話しているステージが違うんですよ。
僕は、自分の知識と経験によって得たもので話しています。
僕には、かあちゃんさんもそう見えます。
しかし、あなたはその権威を絶対的な聖書であると言い、自身の言葉を神の言葉にしている。
僕は、それはおかしいとずっと言っているんですよ。
【2008/09/28 23:28】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

本当に同じ日本人なのに、こんなに話が通じない人もいるのだとよく分かりました。

>自分の知識と経験によって得たもので話しています
本当にそうなら聖書の言葉も使わずにされたらいかがですか。
聖書を利用してクリスチャンを批判するので、こちらも聖書からコメントをするのです。
>自身の言葉を神の言葉にしている
というより、神の言葉を自分の言葉にしているだけです。
教会の牧師も信徒も皆普通に行っている事です。

それをおかしいと言われるなら、どうぞそのステージの中で思っていて下さい。
【2008/09/29 01:41】 URL | かあちゃん #- [ 編集]

>かあちゃんさん
ええ、話が通じてませんね。
神の言葉を自分の言葉にしている。
とても、恐ろしい言葉だと思います。
僕には、とても言えない言葉ですから。

【2008/09/29 02:07】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/119-05288b09



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。