君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恥ずべき偽善者
僕は、今まで無条件の肯定を良しとしていた
それが正しいものだと思っていた
だけど、それは間違っているということを僕は感じた
もし、今自分が若年性アルツハイマーにかかったとしたら
僕は、誰かのために何かしなきゃこれといって幸せを感じない
その時気づいた
そうなった僕を、僕の言葉じゃ救えない

ああ、そうか
僕は、無条件に肯定していることに正しさを感じていた
その実、人の意思を無視していたんだ
人の悲しみや苦しみを無視していたんだ

成長しなさいと、無条件に叫ぶのと同じくらい
そのままであなたでいいと叫ぶことは愚かしかった
自分でなければ殺したいくらいの傲慢さだ

僕は、ただカオス理論に基づいて
あんたは何もしなくても世界に影響を及ぼす
だから、諦めて座して死ね
そう言っていた

苦しみを、意思を無視しながら
本当に憤る
こんなことにさえ気づかなかったなんて
ただ、詫びたい

僕は恥ずべき偽善者だ
今日ほどそれを実感した日は無い
ならば、どうすればいい

神様
あなたが、全知全能の御業をもって全ての人を幸福にすればこんな問題は解決できる
だけど、それをしないということはそこに意味があるのだろう
僕等はまだ答えを得てはいない
答えを見つけたい
だから、頼みます
聖霊でもなんでもいい、僕に力をください
僕に言葉をください

なぜ、こんなにも無力だ
自己満足の行動すらも出来ない無力さ
自分の未熟さ、自分の幼さ、自分の地位の低さ、自分の無能さ
言葉すらうまく紡げない
望むべく世界を語っていたと思ったら、僕の言葉がそれに反する

ならば、這い上がる
偽善者であるならば、せめて人を傷つけない偽善者に
僕は、そうならなきゃ
そうしなきゃ、僕は僕自身を決して幸せに出来ない
僕自身が決して幸せに思えない

ああ、もう面倒くさい
傲慢に見られる内容に謙虚ぶったり、お前みたいな奴が何を言っているんだと
そう言われないために自分を偽善者と呼ぶのももうやめだ

僕は、ただ全ての人が幸福になって欲しいだけだ
そのための何かを捜しているだけだ
それを偽善と呼ぶかは愛と呼ぶかは好きにしてくれ
この世に天国を創りたい
君と一緒に






にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン








スポンサーサイト


この記事に対するコメント
きっと神仏の伝えたい事ってすごくシンプルなんですよね・・・でも、シンプルな事ってとても行動にすることが難しい・・・言葉にしても、いろんな解釈ができてしまう・・・

幸せって何でしょう・・・?

天国って何でしょう・・・?天国って無欲な世界ですか?


自分の生まれ持った性別に苦悩してる知人が私に教えてくれた文章です。

「自分が幸せじゃなければ誰も幸せに出来ない

 そして人は人を幸せに出来ない 

 幸せになるのは各々自分自身なんだ

 だって人が一番大切にしているのは自分だから」

これが人なんだと感じました。

神仏も、救ってるのではなく伝えているんだと思います。
苦悩から抜け出せた人は、自分自身の心の在り方に気づいて自分で変わっていったからだと思います。

ありのままで居てと言われ、疑問を持つ私です。
ありのままの自分って何?って聞くと、誰も答えをくれません。正直、私も女である事に疑問を感じるし、どんな人間なのかもわからない・・・
なら、何故そう言うのか・・・?

答えようがないから、最終そう言ってしまうのだと思いました。

私は、一度も「そのままでいいやん」って言った事ないです・・・言えないんです・・・

自分の事もわかってないのに人様に言えません・・・

でも何とか気づいてくれないだろうかっと、余計なおせっかい根性で相手を傷つけて自分も傷つきました。

一重まぶたさんのおっしゃりたい事、わかります。無宗教でもわかります。
極論は心の在り方なんじゃないでしょうか・・・愛ですよね・・・

今日も、あほさ全開ですいません・・・でも考えすぎは心身に毒ですから、ほどほどに・・・何よりご自愛なさってください

【2008/09/09 10:50】 URL | みみ #- [ 編集]

イエスよ あなたの光はわたしたちの内に輝いている
 どうか 疑いと暗闇がわたしに語りかけることがないように

イエスよ あなたの光はわたしたちの内に輝いている
 どうかわたしの心が いつもあなたの愛を迎え入れることができますように

      アウグスチヌス
【2008/09/10 20:38】 URL | テレサ #- [ 編集]

>みみさん

「自分が幸せじゃなければ誰も幸せに出来ない

 そして人は人を幸せに出来ない 

 幸せになるのは各々自分自身なんだ

 だって人が一番大切にしているのは自分だから」

そうですよね。
なんだか頭がこんがらがっていますよ。
自分のことは大切にしています。
そして、あなたは賢いと思いますよ。


>テレサさん
アウグスチヌスのその言葉はどのような時に語られたのでしょう?
ちょっとした素朴な疑問です。
【2008/09/11 08:12】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/115-ad485f3a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。