君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


過去の否定と、過去の肯定 そして幸せ
ノンクリスチャンさんの日記に面白記事が載っていた
「弱さ自慢 過去の罪自慢」
http://ameblo.jp/jesuslifehouse/entry-10136673875.html#cbox
確かに自慢に見えるかもしれない
でも、それでも本当にキリストによって変わったって言う人の証の中には素晴らしいものがある、と思う
要は、どれだけ酷い環境からクリスチャンになったって言うことじゃない
大切なのは、神様の愛がどれだけ素晴らしいかを知ることで
それを一番手っ取り早いのが、過去に不幸があって今がないってことだ
それが形式化して、もっともっと不幸をってなった時に弱さ自慢、不幸自慢になってしまうと思う

僕も、不幸自慢をしようと思えばするだけの材料はある
でも、しない
客観的に見たら、不幸に思えるような出来事
だけど、その中にいた僕は幸せだったから
傷ついたことも、傷つけられたこと、そして何より傷つけたこと
それは、僕にだってある
だけど、振り返ってみて
僕は、幸せな人生を生きていた
だから、僕は無理をして証をするしか証なんて出来ないんだよ
だから、僕は証をしない

不幸を経験して、そこからの脱却を果たした人はその不幸がどれだけのものだったのか
そして、それを救ってくれた神様がどれだけ凄いのか
そして、不幸の中にあった人
しかし、その中にいながら幸せを与えてくれた神様
それらを証するのは別に間違っちゃいない
過去を否定しようが、過去を肯定しようが結局のところ神様が偉大だってことに変わりはないんだもの

でも、やっぱり虚栄心ってあると思うんだ
神様は凄い
「でも」
自分はどれだけ神様に変えられたか
クリスチャンは自分の弱さを誇る権利は認められている
少なくとも、そう思っている人がいる
でも、それは強さの代わりに弱さを誇れっていうわけじゃない

虚栄心にも色々ある
単純に、より信仰深いクリスチャンに見られたいから
自分の発言権を高めるため(これを計算でやっていたら僕はそういう人は好きだ、良い人ならなおさら)
周りのムードに流されて、そうしないとクリスチャンと思われなさそうだから
そういうった理由で証するとしたら、やっぱり見える人には虚栄心に見られちゃう

証っていうのは、そう簡単に出来るものでもないと思うんだ
証する才能っていうのも、あると思うし
要は、証をしようがしまいが結局のところ君は大切な存在に変わりはないってことなんだ
自分に栄光を帰すつもりがなくても、そうなっている時はある
アメリカの教会なんか見ていると、あれ?って思うこともよくあるよ
だけど、そのやり方はやり方でありさ
ただ、全てではない

僕が言いたいことはシンプルだ
過去を否定しょうが、過去を肯定しようが
真に感動する証をしようが、虚栄心に彩られた証をしようが
結局のところ君は、素晴らしく大切な存在で
そして、愛だ
それだけは、僕は言えるよ

だから、証をしたければすればいい
でも、出来ることなら虚栄心に入った証をするのはやめたほうがいいと思う
だって、そういう証をしたら一番苦しむのは君だろう?
神様のために、何かしようとして苦しむとしたら神様はそんなこと望んでいないと思うんだ
僕もそういう姿を見るのは悲しいよ
君が何もしないから発言権が低かったり、信仰的に見られなかったとしたらそれは周りが間違っているのさ

だから、ただあなたのままでいて欲しい
あなたが望むように生きて欲しい
無理をしたければ、すればいい
だけど、望まない無理をして欲しくない
あなたが幸せであるように
あなたが自分で幸せであるという道を選べるように
僕はそう願っている

そいつは、本当なんだ




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン



スポンサーサイト


この記事に対するコメント
無理をしない。。。
ブログを引用いただき、お恥ずかしいです。

いつも一重まぶたさんのブログは、いまの私にとって納得感満載なので
勝手に引用することが多くて、ゴメンナサイ。

私にとってクリスチャンになるかならないかは、
どうでもよくて、神様が決めるというか、計画で決まっているんだでしょう。
ならないということもあるかも。それもどうでもいい。。。
けど、その過程でこういった「思考の出会い」があったこと。
そういった人生を与えてくださって感謝したい気持ちでいっぱいになります。

だんだん、「クリスチャンとは・・云々」といった難しいことを
考えなくなってきています。

無理をしない。。。
私は私で、ほかの誰でもないし、
他の人として生を与えられているわけではないから。。。

また、ブログをちょくちょく見に来ます。
【2008/09/10 02:58】 URL | ノンクリスチャン #SFo5/nok [ 編集]

>ノンクリスチャンさん
クリスチャンとは何か…それを考えていったとき、僕は分からなくていいと思うんですよ。
分からないことを、分かるようになろうとするのはいい。
だけど、分かった気になるのは間違いだと。

それでは、また。
【2008/09/11 08:05】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

生きてるんではなく
生かされてるんです。

http://rokorikorikoriko.blog44.fc2.com/
【2008/09/14 11:55】 URL | みなと #- [ 編集]

>みなとさん
僕は、生きているだと思います。
僕等は水槽の中の金魚でも、大会を泳ぐ鮪でもなく、この世界に「生きている」ものだと。
【2008/09/16 14:06】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/114-fd241f90



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。