君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


哲学的ゾンビと、クリスチャン
クオリアという概念がある
色とか、味覚とか、音とかを単なる刺激としてではなく
僕等が実際に味わっている質感のことを差す
具体的には赤という色
このことだ
別にに見えても赤と言えば問題ない
だけど、実際に僕等はを見ている

この概念は脳の構造を全て分かれば、人間の思考を全て分かることが出来る
そう思っていた人たちに衝撃を与えた
そこから生まれた概念がクオリアが無い存在
つまり、哲学的ゾンビだ
哲学的ゾンビは結局のところ、クオリアを感じない
赤いものを見れば赤いと言うが、結局のところ実際にを見てはいやしない
だけど、結局それでも普通の人間と全く変わりないんだ
だって、クオリアが脳に影響を与えるとしたらそれはサイキックを認めるようなもの
だから、この世の自分以外哲学的ゾンビかもしれない可能性だってあるんだよ

そして人間にとってのクオリアが、クリスチャンにとっての聖霊だと僕は思うようになった
聖霊を受けたとクリスチャンが言うとする
しかしながら、その言葉が真に聖霊を受けたのか、それとも虚言のことなのか他人には分からない
むしろ、人を偽クリスチャンだとすることすらはばかれる今の状況じゃ
そういったクリスチャンの方が多いんじゃないかい?

そして、たちが悪いのが聖霊を受けたというのは他人はもとより本人ですら分からないということだ
僕は自分が聖霊を受けているかどうかなんてものは、さっぱり分からない
人に何か良いことをしたいと願う気持ちが聖霊から来ているんだよ、と聞けば「ふうん」としか返せない
聖霊に導かれて~をしに来ました、~をしています
そう言っている人間に限って、ろくなことをしていない場合も多い
だけど、本人は大真面目
ああ、こいつは自分自身をも騙しているな
僕はそう思うことが何度かあった

確信を得なければクリスチャンじゃないようなことを言うからそんなことが増えるんだ
確信を得ることは素晴らしい
聖霊の働きを直に感じて、確信のもと信仰している人は素晴らしいよ
それは、皮肉じゃなくそう思う
だけど、聖霊の働きを確信できず、自分の信仰すら不明瞭
それなのに、尚神を求める人も素晴らしいと思うんだ

全ては分からない、という風には出来ないのかな
重要なのはそこからの意思決定だろう?
この前のブログのコメントにもそう言ったことが書いてあったよ
信仰というものは選び取るものであって、決して絶対的に守らなければいけない律法じゃないと思うんだ
僕にとって、信仰の絶対化はそれだけでイエス・キリストの十字架を否定しているように見えてならないよ

哲学的ゾンビのようなクリスチャン
反応だけで、クリスチャンと同じようなことを言うクリスチャン
僕は、それをどう見ればいいのだろう
そいつを偽クリスチャンと罵るか、それでも君はクリスチャンだと称えるか
どちらにせよ、悪党か偽善者かのどちらかだな
それならば、真の愛から出る行動はなんなのか
気づかぬ間にまた課題が増える

まあ、いい
とりあえずのところ、神様の目から見たときに僕もそいつらも変わりはしないだろう
クリスチャンと呼ばず、同胞と呼ぼう
そればらば、まだましだ








にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン



スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/07 18:08】 | # [ 編集]

>管理人のみコメントさん
コメント、ありがとうございました。
また、お待ちしています。
【2008/09/09 01:06】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/113-9f4ed0b9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。