君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


結婚とSEX
クリスチャンは結婚しなければSEXが許されない
そう言われている
聖書には手篭めにしたら結婚しろと書いてあるとおり、そうなのかもしれない
だけど、本当にそうなのか
僕にはわからない

よくクリスチャンの人が言う
「結婚してからのSEXはぜんぜん違う、心の繋がりとかが結婚前とは違う」
僕はこれに対して極端なことを言う
それは君がそう思うのならばそうだ
君がそう思わないのならば違う、と
人間の心理とはそういうものだから

僕は結婚していない
しかし、SEXはしたことはある
だから、純潔のクリスチャンにも覚えてほしいことがある
例え結婚前でも、二人が求め合い体を重ねたときの心の底からの幸福感、充足感は確かにあると
もちろん、別れた時の傷は深かった
だけど、その傷すら僕の宝物だ
消すつもりはない

そもそも、結婚にどれだけの意味があるのか
結婚とはなにを持ってして結婚というのか
そんなことさえわからない

男女が二人で一体となること、それが結婚だとは思う
しかし、結婚しないように定められている人は半分なのかい
ゲイやレズビアンの人はどうなんだい
そもそも神の前で誓うことが条件ならば日本の多くの人が婚前交渉になってしまう

SEXは特別なことだ
結婚も特別なことだ
しかし、この二つは結びつかない
僕は思う
聖書が言っているのは「結婚外で子供を作るな」ってことじゃないか?
避妊法も発達したこの時代になにを持ってして婚前交渉が駄目だと言うのか

僕の中にある答えは陳腐なものだ
経済的な理由
それだけだ
結婚するまで避妊して、結婚したら避妊しないで子供を作って幸せな家庭を作る
何が問題なのか分からない

ベストは結婚してからするかもしれない
だけど、ベスト以外はバットなのかい?
ベターかこの世に存在しないのかい?

イエス様はなんて言うんだろうか
死んだときにでも聞いてみよう

にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
私は、あなたのこの意見にずっと違和感を持っていました。
そして、牧師になりたいとあなたがおっしゃったので、かなり遅くなりましたが、女性としての意見を書きます。

神が婚前交渉を禁止しているのは、女性を守るためだと思います。
手篭めにしたら結婚しろという戒めは、女性が手篭めにされないように守るためではないでしょうか。
レズビアンのことについて聖書に書かれていないのは、女性にはそんな自由がなかったからではないでしょうか。
あなたは、SEXしたければ結婚前だろうが関係なくしたらいいと思っているようですが、そんな考えの牧師がいたら、女性はたまりません。

私には、コンドームで避妊したにもかかわらず妊娠し、堕胎手術をした友人がいますが、その人の悩み苦しみを嫌というほど聞かされました。
そしてその悩みを、その子は相手の男性には気を遣ってできなかったのです。
その子は今では5人の子持ちですが、それでもまだ、堕胎のことを悔やんでいるんですよ。

SEXでリスクがあるのは誰ですか?
男性は、気持ちいい、満足感がある、で羨ましい限りですが、女性はかなり慣れている人でないと快感はありませんし、(ほとんどふりですよ)妊娠というリスクがあるんです。

今は簡単に手術できるんだから、時代錯誤な律法だと思いますか?
堕胎手術で、どれほど心も体も傷つくのか考えたことがありますか?
産むにしても、どれほどの苦痛があるのか知っていますか?

もし女性が妊娠しても、子供と一緒にきちんと養っていける経済力がないのなら、また、相手の女性がまだ学生で、産める状態にないのなら、簡単にSEXするべきではないと、私は考えます。
ましてや自分から誘うなんて、もってのほかです。
本当に、相手の女性を大切に思っているのなら、彼女をそんなリスクにさらせるはずはありません。
女性は感情に流されやすいので、自分から求めてきたり、誘いに簡単にオッケーすることがありますが、そんな時でも男性は、女性を守るために断ってあげてほしいと思います。
簡単にSEXをすると、女性は心の底では、自分が本当には大切にされていないことを見抜くのですよ。
【2008/04/06 08:08】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]

>たんぽぽさん
たんぽぽさんが仰っていることは正しいと思いますし、僕にそれも賛同します。
自分の文章能力の低さが、これほど恨めしいと思ったのは初めてかもしれません。
僕自身も、婚前交渉、堕胎については良いとは言えません。
それは、同じ気持ちです。それは婚前交渉した僕の経験からも言えます。傷は確かに僕を成長させてくれた宝物です。しかし、なければ無いほうがいいに決まっている。それは事実です。
堕胎についても同じです。
女性の心と体のことを考えた時に安易に良いとなんて言えないのは間違いありません。
絶対にしないほうが良い行為です。
そして、経済力がないのにSEXをすることも良いことではありません。私もそれに賛同します。
不快な思いをさせてしまったことを心からお詫びします。

ここから、僕が言いたかったことをもう一度だけ言わせてください。
「できちゃった婚」で結婚した男女がいたとします。
彼らは、婚前交渉を行なっていますがその結果を受け止め結婚に踏み切りました。
確かに、婚前交渉をしたのは良くないと思います。ですが、彼らは「駄目」なのでしょうか?
全てを理想どおりに行なっていないから「駄目」なのか?
確かにベストではないかもしれない、だけど悪くはないはずだ、ベターではあるはずだと思うのです。

堕胎についてもそうです。
堕胎は確かに望むべきことではありません。
しかし、どうしてもやむをえない理由で堕胎をしてしまう女性がいたとしたら。
その女性に「あなたは間違っている」と僕はいえないのです。

僕自身、安易にSEXはするものではないと思います。
しかし、それを「結婚」という枠組みでとらえるのはもう無理があると思うのです。
ですから、もっと高度なモラルが必要だと。
それはたんぽぽさんが仰ってくださった女性の心と体を考えるという側面もそうです。
それは聖書の時代には無かった側面だと思うのですよ。

ですから、僕が言いたかったのはフリーセックスを唱えているわけではないのです。
乱れた性の結果のことであっても、人々の中に愛があれば祝福したいと思う。
そういうことを言いたかったのです。

重ね重ね、申しわけございません。
【2008/04/07 01:08】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

律法の目的は誤解されやすいのですが、
「人は、努力して律法を守り、道徳的な人にならなければならない。」という意味ではありません。

神が律法を与えたのは、罪を教えるためです。
婚前交渉は罪だ、ということを教えるためです。
また、ゲイやレズの人にも、「あなたは罪人だ。」と教えるためです。

人間には罪があるので、婚前交渉はだめだと言われても、人はします。
殺人も、だめだとわかっていてもする人がいますし、心の中では、誰もが殺人の罪を犯しています。
姦淫もそうです。
人は行いだけではなく、心でも罪を犯します。

行動した人が「だめな人」ではなく、みんな心ではやっているわけですから、ある意味みんなが「だめ」なのです。

でも人は、自分が罪人だって気づいてませんから、神様は、「あなたは罪人ですよ。」と教えるために律法を与えました。

それなのに、婚前交渉は誰でもしてるからしてもかまわない、という結論に持っていくと、人は自分に罪があるって気づかないですよね。
みんなやってるけど、みんないい人、で終わってしまいます。

あの厳しい戒めの目的は、「私は罪人なんだ、それも救いようのないほど、ひどい罪人。」だと、すべての人間に教えるためです。
それを知ってはじめて、人は罪の赦しへと目が向くのですから。
【2008/04/07 11:50】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]

>たんぽぽさん
なぜ、婚前交渉が罪なのか、その「理由」が知りたいんです。
ゲイやレズビアンの方々もそうです。
そう創ったのは神様なのに。
罪の「意味」が知りたいんです。

【2008/04/07 20:48】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

聞いた話なのですが、ゲイやレズビアンの方々は、生まれつきそうなのはなく、幼いころの性的なショック(性的虐待など)に原因があるようです。両親の不倫などが原因の場合もあるそうですよ。まあこれが本当なら、本人たちには責任はありませんよね。ただ、神様の責任も無いように思います。
【2008/04/08 06:13】 URL | さかな #mQop/nM. [ 編集]

>さかなさん
そういう方もいます。
しかし、生まれつきゲイであったりレズビアンだったりする人もいます。
生まれつきそういう人は誰の責任なのでしょう?
【2008/04/09 08:14】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

それなら、神様の責任になりますよね。
しかし、気づかぬところで思わぬ影響を受けているのも人間ですし、本人がそういうから生まれつき、と簡単に断定するのも難しいかと思うんです。
前に、聖書がいう原罪というものが人間に入り込んだとき、生物学的に人間や動物が大きく変化した、という内容の本を読んだことがあるんですが、そう考えると、原罪の深い影響を無視して、なんらかのことを安易に神のせいすることもまた難しいと思うんです。まあこの辺の解釈は、いろいろあると思うので、何をどう信じているかによって考えは変わってくるでしょうね。
【2008/04/10 16:50】 URL | さかな #bhhZubZs [ 編集]

>さかなさん
現在が人間の中に入って生態系が変化したといっている人の真実はその人だけのものです。
補足ですが、キリンなど野生動物にも同性愛が見られます。
私が言っているのは医学的な話です。
本人が言っているからではありません。
【2008/04/11 03:06】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

ゲイやレズの人は、表面上目立つので、特別に取り上げておられますが、神の目には同じです。

どんな人でもアダムの子孫なので、生まれつき罪人です。
産まれたての赤ちゃんだって、まだ何も悪いことはしていなくとも、罪人です。
人は罪を犯したから罪人になるのではなく、罪人だから罪を犯すのです。

つまり、ゲイだとかレズだとかに関係なく、人はみんな同じ罪人なわけです。
ゲイだから、普通の人より律法を守っていない、と思いますか?
普通の人でも全員、姦淫の罪を犯しているのに、ゲイだからといって、とりわけ他の人より罪が重いのでしょうか。

姦淫の罪というのは、行動したら罪になるのではなく、心で思うだけでも罪になると、イエス様はおっしゃいました。
この世界に、心の中でも絶対にいやらしいことを考えたことがない、という人がいるでしょうか?
そういう人が、ゲイやレズは罪だ、と言える立場にあるのでしょうか。

人は、この律法は守れるけど、あの律法は守れない、ということはありません。

「父と母を敬え」とありますが、自分の親に、敬意以外の感情を持ったことはありませんか。
「盗んではならない」とありますが、自分の利を求めず、損ばかりして、他人の得になることしか考られませんか。
「あなたには他の神があってはならない」とありますが、神より自分を優先することは一切ないですか。
「殺してはならない」とありますが、こんな人いなければいいのにと思ったことは、ただの一度もないですか。

たった一つの律法でも人間は守っていないのに、ゲイだとかレズだとか人を区別する意味はあるのですか。
【2008/04/11 23:58】 URL | たんぽぽ #- [ 編集]

>たんぽぽさん
私が言いたいのはそういうことです。
神の目には同じなのに、内を言っているのだと。
そして、それが罪と聖書に書いている?
聖書をもう一度読み直せ、と。

そんな風に私は思っています。
たんぽぽさんと大体同意見だと思いますよ。
【2008/04/12 19:29】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/11-1f8eab8c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。