君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛って悲しいね
最近、たまに思うことが愛ってあるのか?と、思う
愛が無ければ、僕は今の人生がとても無意味なもので
そして、とても悲しいもので受け入れられない
だから、愛があるってことで生活している

だけど、僕が考える愛ってやつはとても高尚なものだけど
別に心理学の範疇で、愛が必要な行動っていうのは大抵説明がつくんだよ
だから、人の行動を見たときにそれが愛から出たものいか
それとも行動だけなのか
クオリアにおける哲学的ゾンビみたいなものさ

愛っていうのはなんなんだろう
今まで一番しっくりきたのが「愛じゃない全てのもの以外のもの」だな
僕の中では、価値と意味を与えるものって言うのがしっくりきた
神様=愛だっていう話も出てきているけど
それだと、愛には愛自体に人格が出てきている
じゃあ、僕等=愛なのか?
だけど、それなのに悲しい出来事がいくらでもある

愛はやっぱり愛以外の言葉では説明が出来ないんだよ
それ以外の言葉で説明が出来たら、きっとそれは愛じゃないんだよ

この世に愛があればいいな
観念だけの存在だけだとしたら、やっぱり悲しすぎる

愛って悲しいね
あるかないのか、分からないんだもの
まあ、それ以外のものも本当にあるのかどうかも分からないのだけどね

僕の信仰は、この世には愛があるってことだけだ
それをいくら否定しても、結局僕の世界が変わるだけ
ああ、愛が何かを知りたいな

哲学なんか知らなきゃよかった
心理学なんか学ばなきゃよかった
ずっと、聖書だけ信じていればよかったよ
自分の知識欲の腹が立つ

「知るということは知識を蓄えることではなく、その自分の存在そのものを変えるということである」
だれの言葉だったかな
愛を知ることが出来れば、僕はどんな風に変われるのだろうか
ああ、知りたい
愛が何かっていうのを、僕は本当に知りたいんだよ





にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/08/29 07:01】 | # [ 編集]

どうしてそんなにも愛が一重まぶたさんにとって大切なものになったんですか?
【2008/08/29 07:11】 URL | sixteen #d02SCtBo [ 編集]

愛。。で、僕のしっくりきた説明。

あ(神様みたいなもの。あ・うん。のあ。)の意

が、、愛。


この世は、愛がいっぱい。

そのことに気づけたら、受け取れる。
気づいてなくても、、、受け取っている。

と思います。

・・・・説明になってないかもしれませんけど。
【2008/08/29 08:46】 URL | ゴスペル音楽院・Fです。 #YgKj3tPc [ 編集]

>sixteenさん
僕は昔信仰で物を見ていました。
だけど、それじゃ辛かった。そして、聖書には信仰よりも愛の方が偉大だと書いている。
僕は、希望を見つけるため、そして信仰を見つけるために愛を知りたいのです。

>ゴスペル音楽院・Fさん
この世が愛で溢れていて欲しい…。
だけど、疑いを捨てた時に、それは盲信となってしまう。
完全に知りたいけれでもその方法すら見つからない。そんな日々です。
【2008/08/30 02:37】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

信仰より愛のほうが偉大だと示しているせいしゃの箇所をおしえてください。
【2008/08/30 20:21】 URL | sixteen #- [ 編集]

>sixteenさん
コリントの信徒への手紙一 / 13章 1節 ~3節
たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、愛がなければ、わたしは騒がしいどら、やかましいシンバル。
たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、愛がなければ、無に等しい。
全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、誇ろうとしてわが身を死に引き渡そうとも、愛がなければ、わたしに何の益もない。

コリントの信徒への手紙一 / 13章 13節
それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。

これが僕の信仰の礎です。
【2008/08/31 01:11】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]

その聖句、よく知っているのに思いつかなかった…
一重まぶたさんのブログ見るようになって、普段自分に都合良い聖句だけが思い浮かんでいるって実感してます。ありがとうございます。

たしかに愛がないとダメですねぇ
信仰がある程度はあったから、自分が狂いないものさしを持ってる気になってました。

相変わらず永遠に滅びに行く人はいると思います。
でもこれから先、この人は滅びに行ったとかあなたは滅びに行くとかは言わないようにしたい

それって裁くことだから
それを言うことが愛のあることだと思わないから

と思いました。できるかなぁ…
【2008/08/31 21:18】 URL | sixteen #d02SCtBo [ 編集]

>sixteenさん
僕も自分の都合が良いように聖書を解釈して、聖句を使っている人間の一人です。だけど、いつか真理を知ることが出来れば嬉しいです。

sixteenさんのその思いは愛だと僕は思いたいです。いや、きっと愛なのでしょう。
僕は、sixteenさんが実際に行動できるかどうかより、その気持ちを話してくださったことが嬉しいです。
【2008/09/02 01:44】 URL | 一重まぶた #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/109-c8d3ef8a



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。