君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


罪を赦される、罪を忘れる
自分の幸せだけを考えて生きている。
車が欲しい、家が欲しい、友人が欲しい。
あれが欲しくてこれが欲しくて、そのために金が欲しくて。
誰かからの尊敬の眼差しが欲しい。
そう思って生きている。
自分自身を肯定するはずのたった一人の自分自身にすら自身が持てない。
誰かからの承認が得られなければ、生きてはいけないと思った。
だけど、それが別に悪いとも思わなかった。

幸せに生きたいと願うことも、何かを欲しいと願うことも。
それも全て神様から与えられたものだということを僕は知っている。
だから、僕は何かを求めることを罪だとは思わない。
思わなかった。

ただ、一つ忘れていた。
僕は、罪人だった。
どうしようも無いほどに罪人だった。
人を傷つけた、人を陥れた、人を見離した。
勇気が無かった、愛が無かった、義が無かった。
何かが足りなかったのか、悪があったのか。
その要因は数え上げれば切りが無いほどにあるけれども。
全て僕で、全て僕の罪だった。

その罪を赦された。
僕はクリスチャンだから。
僕の罪を赦されたことを覚えている。
僕は人間だから。
僕が罪を犯したことを忘れている。

忘れて、何も無い顔をして。
法律には触れていないから。
人と人が生きていく上で「しょうがない」と言われる範囲の傷つけ方や陥れ方や見離し方しかしていないから。
まるで優しい顔をして、まるで正義の様な顔をして、まるで幸せを求める権利があるような顔をして。

ごめんなさい。
ごめんなさい。
ごめんなさい。

神様が赦していてもきっとあなたは赦さない。
なぜなら、人は神様にはなれないから。
だから、僕はきっと僕の中で罪人のままで。
僕は罪人のままで生きていくのだろう。

解放も癒しも、きっとどこかにあるのだろうけれども。
今の僕にそれを追い求める暇は無い。
罪滅ぼしを誰かにしても意味が無いとは分かっているけれども。
自分の罪を思い出すたびに、贖いを求めてしまう。

少しでも神様の贖いを受け入れることが出来るように。
僕は悔い改めを行動でしなければいけないと思ってしまう。
本当はそんなことをしなくてもいいはずなのに。
自分自身が赦せなくなる。
でも、神様はきっとそんな僕の心も分かっていて。
間違っているはずの僕の人生も愛してくれるはず。
だから、このままに生きていって。
いつか、自分自身の罪の贖いを受け入れることが出来るように。
今は、ただ苛まされながら歩いていこう。



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。





スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。