君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カトリック
今日は久しぶりに教会に行った
評判の悪い牧師のメッセージを楽しみにしてたものの
今日は、カトリックの修道女の方が来ていた

メッセージは、カトリックの修道女の話があり
祈りが多いということしか印象に残らなかった

だけど、礼拝が終わった後の懇談会に僕は驚いた
というよりも、自分の無知が恥ずかしくなったんだ

カトリックの意見
クリスチャンじゃなくても、他の宗教でも
それを通して神様の愛、救いを伝わっているのではないか
修道女は教会は、聖なる場所なんかじゃない
人間がいるのだから、どろどろしている
性同一性障害の人達も「良いもの」として作られた

言葉の一つ一つに
こんなバカなと思ったさ
僕の中のカトリックのイメージとまるで違った
もっと古臭くて、そこらのプロテスタント右派より福音的と勝手に決めつけていた

昔ながらの修道女の格好をした人が
まるで、リベラル派のようなことを言っている

なあ、リバイバルを望むプロテスタントの人たちよ
世界はどうやら僕らが知らないところで変わってきているらしいぜ

君たちは、そして僕たちは
その地域の多くがクリスチャンになることをリバイバルと言っていた
だけどもさ
もしかして、リバイバルなんてものはもう既に2000年前に終わっていて
神様の愛とか救いとかは、既に全世界の人に与えらえて
後は僕らがそれに気づくだけ

そんな世界だってありじゃないかい?
僕は、そういった世界が好きなんだ
神様は与えてくれると信じてるんだ

僕の好きな人、好きな人の好きな人の好きな人の好きな人の
そのまた好きな人のすべてが救われて
愛に満ち溢れて、そして幸せな世界

そいつを望むのに
「クリスチャン」じゃなきゃ駄目なのかい
教えておくれ

僕は、ただ君と幸せになりたいだけなんだよ
君の幸せを願わせておくれ
そして、僕の幸せも願ってくれ
価値観を超えた、信仰を超えた、魂を超えた
愛によってそいつを望もうぜ

そいつが今のところの僕の希望だ













にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン









スポンサーサイト

頭を使う
僕は今会社員だ
それも中小企業
なんてことはない
ありきたりのふつうの人間だ

だけど、そんな人間でも頭を使わないといけない
今はバブルじゃない
不況の時代には、どんなにマニュアルがあっても
どんなに本があっても頭を使わなきゃ利益は上げることが出来ない

それは、キリスト教も同じだと思うんだ
よく言うリバイバル
それはバブルみたいなものだと思うんだよ
だって、そうだろう?
なにもしなくても、勝手にクリスチャンになっていく
だから、ハレルヤと叫ぶ
勝手に収益が上がるバブルとよく似ているよ

だけど、自分の脳力も使わなきゃ結果は出ないんだよ
聖書というマニュアルだけを当てにしていても
うまくいくわけはないんだ

日本人にはどうやったらうまく伝わるのか
そういった視点が抜けている伝道者をよく見る
理解できない方が悪い
そういう姿勢の伝道者を見かける

相手に合わせる
相手を考える
そういったのが僕は好きだ












にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン









何も知らない
僕らはよく確信に満ちた物言いをする。
キリストは素晴らしいとか
そういったことを

社会でもよく使う
「常識的に考えて」
って

それは、正しいことなのかな
僕らは自分の個人的な経験に基づいて
他人を判断する

とても、怖いよ
とても、怖い

だからこそ、唯一の判断材料として聖書を用いるのかもしれない
だけど、聖書の解釈すら個人の判断で決まってしまう
僕が君と聖書の読み方が違うようなものだよ

僕は、聖書は人間の意志が相当入っていると思うけど
君はすべて神様の霊感によって書かれたと言うかもしれない

僕らは知っているようで何も知らない
この世は聖書だけでは出来ていない

歴史、文化、そういったものや
個人の感情
全体の感情
思惑
知識
知恵
宗教

僕が知っているものは、その中のほんの一握りだけ
なのに、僕は確信に満ちた物言いをする
僕にはその資格はあるのかい
君にはその資格があるのかい

僕は愛していると言う
でも、君には愛じゃないのかもしれない
僕の憎しみが、君にとっての愛なのかもしれない

今さら相対主義と笑うかもしれないけど
もう一度、ソクラテスに立ち返るのも悪くは無いと思うんだ

僕らはまだ何も知らないんだ
きっとね
僕らの喜びがどこから来るのか
神様から?

いやいや、ちょっと待ってくれ
神様がすべてを解決と君は言うかもしれない
でも、決めつけないでおくれ

神様じゃないかもしれない
いや、「君が思う神様」かもしれない
もっと、素晴らしい神様なのかも

だからこそ、僕らは探求し続けよう
確認作業じゃなくて
救われたから、後はこの人生を突き詰めるだけじゃなくて

発見しよう
素晴らしいものを
愛を
救いを

僕らはきっとまだ何も知らない
世界が平和じゃないのが何よりの証拠だ

だから、もっと
もっと、色々話そうよ

争うのはそれからにしよう










にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン








自分の家の芝生ばかり青くしないでおくれ
リバイバルを願うみんなへ
なんだって、君はそんなにリバイバルを起こしたいんだい
いや、愚問なのは分かっているんだ
だって、君らにはリバイバルが当たり前なんだもの

でも、よく考えてくれ
キリスト者の目的はなんなんだい?

君らがよく言うリバイバル
それが起こった国は平和になったかい
愛があふれているかい
ただ、リバイバルが起きただけで満足はしていないかい

日本と犯罪率を比べてみなよ
アメリカとの犯罪率は?
クリスチャン率がやたらと高い韓国とは?
リバイバルじゃ平和にはならないんだよ

それは、本物のリバイバルじゃないからと君は言うかもしれない
それならば、今まで起きたリバイバルもすべて本物じゃないんだよ

法律、文化、教育
そういったものの上に平和は成り立つ

愛はキリスト教で獲得出来ても
平和はどうやったら獲得できるんだい?

僕らは不器用なんだ
まずは、それを認めよう
そして、ついでに僕を認めておくれ

僕みたいな人間がいるのを認めておくれ
そして、君の輪の中に加えておくれ
僕以外にも色々いるんだ

色々な考え方があるんだ
それを見ておくれ
自分には関係ないと思わないでおくれ

自分の中に取り込んで、咀嚼して
君の中に取り込んでおくれ

自分にはキリスト教があるから
だから、見ざる聞かざる言わざる
それじゃあ、世界が悲しすぎる

僕はキリスト教が好きだよ
クリスチャンさ
だけど、クリスチャン以外の価値観を認めないのは嫌いなんだ

優しくなろう
受け入れよう
世界はどうしようもなく繋がっているんだ

僕らクリスチャンだけで生活していない
色々なノンクリスチャンの助けがあるから社会生活は営まれていく

正しい、正しくないは死んだ後に神様が判断してくれる
でも、正しくなくてもいいだろう
だって、イエス様が罪を贖われたんだ

だからさ
僕らはきっと
他人の幸せを心から願うべきなんだよ
それが、クリスチャン、ノンクリスチャンに関わらず
そんな世界が出来たら

きっと、僕らも幸福だろうと思うんだ










にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン





本当の愛を知りたいだけなんです
社会に出て、約10カ月
たった、これっぽっちの歳月で僕の牙は鋭さを失くした
僕の中の怒りや憤り
そういったものは、社会に負けた
ああ、負けたんだよ

だけど、それでいいんだ
苦労話をしたいわけじゃない
不幸になりたいんだ
どんな人の話も聞けるぐらいに不幸に

だけど、そんな願いなんてものは叶うはずがない
「人の話を聞く条件」
そんなものを考える時点で僕はきっと間違っている

だけど、わからないんだよ
どうやったら、心が通じるのか

学生を経験した
社会人を経験した
だけど、それだけじゃ足りないんだろう?
だとしたら、あとは何が必要なんだい

恋人に愛を伝えるのですら不器用な僕は
見ず知らずの人にどうやって、愛を伝えればいいんだ

愛しているなんて言葉は僕にでも使える
だけど、愛しているなんてきっと僕には言えないんだろう

ああ、なんでこんなにも不器用なんだ
なんで、こんなにも頭が悪いんだ
なんだって、こんなにも人の心を理解できないんだ

もっと、優しかったら
もっと、慈しみ深ければ
もっと、立派な人間だったら

僕は、こんなことを考えずに済んだのだろうか
それはそれで、嫌だと僕の心は叫ぶ

僕は、僕のままで人と分かりあいたい
だけど、キリストのようにならないと駄目なのかい
僕は、そのキリストすらよく分からないんだよ

どうして、どうして
僕らはこんなにも不器用なのだろう

根拠の無い愛に踊らされている
そう捉える僕の気持と、僕のエゴ
人が死んでも何も感じない
人が死ぬことは、毎日テレビで流れる

利益に目が眩み
ビジネスの知識が心地よく感じ
建前がどんどん出来る

夢を語ることすら阻まれる
違うんです

僕は、本当の愛を知りたいだけなんです
救われたいだけなんです

キリストを信じればいい?
違うよ、全然違う

僕は、世界が救われる愛が知りたいんだ

仏教もキリスト教もイスラム教も
ヒンドゥー教も、ゾロアスター教も
モルモン教も、エホバの証人も

なんだっていいんだ
誰もが幸せで
笑顔で満ち溢れて
誰も誰かを傷つけず
ただ、ひたすら相手の幸せを願える世界

そんなものしか、僕は欲しくないんだ
欲張りにしかなれない







にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。