君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


叫びたいぐらいなんだよ
なんで、この世の中に貧困があるのか
なんで、苦しまなきゃいけないのか
なんで、他人に何かをしたいと思うのか
なんで、自分はこんなにも無力なのか

世界平和を望んでいるよ、僕は
宗教、財政、教育、さまざまな問題がありながら
僕は、それでも世界平和を望んでいるよ
キリスト教を全世界に普及させる?

そんなことよりも、目の前で自分の目に映る苦しんでいる人をなんとかしたいんだよ
神様を信じたら全部うまくいくかい?
雇用が確保されるのかい?
全世界の人が牧師になったら、食料難がなくなるのかい
そんなんじゃないんだよ

求めているのは違うんだよ
格差なんか無くしたいんだ
不幸なんか無くしたいんだ

僕は幸せなんだ
今、僕は信じられないくらい幸せなんだ
神様の恩恵としかいえないほどに幸せなんだ

だけど、なんだって僕の目の前には苦しんでいる人たちがこんなにもいるんだよ!
なんだって、飢えて死ぬ人が日本にもいるんだよ!
なんだって、殺人やら犯罪やら強姦やらで苦しむ人がいるんだよ!

宗教の思想的な問題だけなのかい
聖霊が満ちていないからなのかい?
そういうことなのかい?

僕は、無力だ
悲しいほどに無力だ
神様の力なんてこれっぽっちも体現なんて出来てやいやしないよ

どれだけ知識を積み重ねれば、世界を平和に出来るのか
どれだけカリスマになれば、世界を平和に出来るのか
どれだけ話せば君と心を通わせることが出来るのか
どれだけ愛せば君と心を重ねることが出来るのだろうか

何も出来ないんだ
僕は何も出来ないんだ
だから、成長しようとするんだ

少しでも何かしたいんだよ
僕は幸せだよ
だけど、目の前で苦しんでいる人がいたら辛いんだ
笑えないんだよ



にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン
スポンサーサイト

ホームレスになっても神様を信仰できますか?
今日は連投ですね

最近のクリスチャンは何か勘違いをしている気がするんだ
神様を信じたら人生が全てうまくいくみたいな勘違いをさ
罪を犯したら、人生がうまくいかないみたいな勘違いをさ

神様を信じたら、人生が全てうまくいく
そんなうまい話は無い
それでうまくいっていたらクリスチャン率なんてとうに上がっているさ

でも、よく聞く言葉の中にこんなものもあるね
「辛いのは神様が与えてくれた試練だ」
ってね

おいおい、君の不幸は罪の結果かい?
それとも神様が与えてくれた試練かい?

君は毎日何らかの罪を犯していて
罪を犯したら神様が離れていって
でも、不幸なのはそうじゃなくて神様の試練だって
随分と都合が良い話で

信仰があれば最終的にはうまくいくと思っていないかい?
その論理でいけばホームレスの中に信仰者は0かい?
あっはっは、そいつは愉快だ
中富層しか、信仰できない宗教
そいつに何の意味があるって言うんだい。

君はホームレスになったらどう思う?
神様の試練と捉えるかい?
罪の結果と捉えるかい?
それとも信仰が足りていなかったから?
はたまた、サタンの攻撃かな

そうじゃないだろう
罪のせいで不幸になるとか、汚れるとか
そんなところから僕らを救ってくれたのがイエス様じゃないのかよ
いちいち聖書の言葉を引用して旧約の時代に戻ろうとするなよ

この世に失敗した人生なんて無いんだよ
どんなに落ちぶれても
どんなに罪を犯そうと
失敗した人生なんてものは無いんだよ
全ては神様の御手の中にあるんだよ

そう、思えること
それが祝福を受け取るってことだと思っているよ、僕はね
ただ、君は違うのかな
違っていたら悲しいな

クリスチャンがクリスチャン以外の人生を否定する
クリスチャンとして、これほど悲しいことは無い
嫌なんだ、そういうのはさ





にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

軽々しい
久しぶりにクリスチャンブログを呼んでみた
いつも通りの変わらない風景
そこに書かれている熱い言葉
「世界を変える」「日本を変える」
ああ、そうかい

この世界を造ったのは神様だ
だから神様が望んだ方向に世界を変える
これまで、この今の世界を作ってきた人々の想いなんか知らない
だって、僕らは正しいのだから

と、僕には聞こえるかな
やっかみだと思うかい?
でも、僕は割と怒っているんだ
この世界を形作ってきた人々
その想いが否定されているようでね

この世の汚い部分だけを見て
クリスチャンの綺麗な部分だけを見て
それで満足するなら、それでいいさ
その言葉は僕の心に何の感動も与えないけどね

聖書に書いてあるから正しいことをしている気になっているのかい
だけど、それをやっているのは君なんだ
責任も君が負うんだ
君のやっていることは本当に正しいのかい?

軽々しいんだよ
その言動が
聖書の権威を笠に着てさ
世界を変えようとするなんて、大それたこと

君は人々の苦しみをどれだけ知っているんだい?
月に20万弱を稼ぐことの辛さ?
残業の辛さ
休日出勤の辛さ
理不尽なクレームを言われる辛さ
まあ、僕が経験したのはその程度さ

だけど、他の人たちはそれに加えてさらにさらに苦しんでいる
派遣切りの人々なんてもっとだろうね
その人になんて言葉をかけるんだ
「教会に行って、一緒に神様を伝えていこう」
は言わないだろうね
「あなたの人生は神様を信じていないからこうなったんだよ」
さすがに、それはないか
じゃあ、なんだろうな

さあ、君はなんて声をかける?

「薄っぺらいんだよ」
「この世の苦しみを知らない人間に何言われても説得力が無いよ」
そう、言われたのが学生のときの僕
その言葉で僕は働くことを決心した

ただ、誤解しないで欲しいのは働かないと言葉を吐くなってことじゃない
人には人の数だけ苦しみがあるんだってことさ
軽々しく、日本を変えるだの世界を変えるだの言われてもね
しかも、それが「神様がそう望んでいるから」ってか

人々のために働きたくて仕方が無いぐらい言ってくれよ
たとえ、それが嘘だとしても





にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン





クリスチャンってのは救う人じゃない。愛する人だ。
お久しぶりです。
新社会人になったりとなんだりと、かなりの間の放置。
まあ、だからこそ見えてくるものもあるわけで。

クリスチャンに縛られる。
そいつは、僕みたいなキリスト教を疑う人間のこともさすだろう。
「嫌いなら信じ無ければ良いじゃないか」
そんな言葉も聞こえてきそうだ。

だけどね、やっぱりも気になるんだよ。
僕はクリスチャンだから。

クリスチャンとは何をもってしてクリスチャンと言うか。
聖書を信じている人?伝道をしている人?
人々を救いに導く存在かい?

あまり、僕らは図に乗らないほうがいい。
僕らに人を救うことなんて出来やしない。
人を救うのは神様と、そして自分自身の決心だけだ。
僕らは救いに関してはあまりにも無力だと思うんだ。

クリスチャンとはキリストのような人だろう?
だったら、クリスチャンとは愛する人だよ。

じゃあ、愛ってなんだい?
聖書の教えを実行することか。
ああ、その答えは一見正しそうだね。
なんてたって、聖書は神の書いた書物だ。
まるで、間違いがなさそうだ。

だけどね、たとえ聖書が正したくたってそれに沿えば愛になるだなんて思わないよ、僕は。
接客のマニュアルをそのまま使っても良い接客にはならないようにね。
君の心が入っていない愛なんてものは存在しないんだ。

神様が言っているから。
聖書に書いているから。
だから、君は僕に親切なのかい?

僕は君と仲良くなりたいんだ。
君の頭の中の神様や、君の手にある聖書の言葉を聞きたいわけじゃないんだ。
僕は、君の言葉が聞きたいんだよ。

いくら世界平和を謳っても
いくら隣人への愛を謳っても
いくら人々の貧困を嘆いても
いくら子供の餓死を嘆いても
いくら他の宗教を否定しようとしても
いくらキリスト教を真実だと言おうとも

それが愛から出ていなければ何も叶うことはないんだろうね。
そのぐらい、愛ってやつは大きいんだよ。
太刀打ちできやしない。

教会に行っていなくても
過ちを犯しても
セックスをしていても
殺人を犯そうが
ゲイであろうが
バイであろうが
レズビアンであろうが
オナニーしていようが
風俗で働いていようと
暴力団に入っていようと
陰で友達の悪口を言っていようと
教会の人を内心で疎ましく思っていようと
嘘をついて、自分が最低だと思っても
親友を裏切っても
親不幸をしていても
体の病に侵されていようが
心の病に侵されていようが
癒されなくても
祈りが応えられなくても
悲しくても
憎くても
辛くても

それでも、君の中には愛があるんだよ
だから、君は生きているんだ。




にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。