君が生きている
「君が生きている」 そのことが何よりも大切だと思いたい そのことが愛の形の一つだと思いたい。
プロフィール

一重まぶた

Author:一重まぶた
一重まぶたです

北海道在住のクリスチャン
しかし、周りとあわせることが出来ないクリスチャンです
愛が何かもわからない



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


別にこの世に勝ちたいわけじゃない
僕は成功神学が嫌いだ。
神様を信じることによって成長して人生がうまくいく。
そういった信仰生活を送りましょう、だなんて言葉に反吐が出る。
僕が最も忌み嫌う部類の信仰なんだよ。

じゃあ、なんだい。
人生がうまくいかなかったらそれは神様を信仰していなかったからかい。
それとも、信仰が足りなかったからかい。
ホームレスになった人は信仰が足りなかったからかい。
大病を患ったから祈ったけれども癒されなかったら不信仰かい。
事故に遭えば、間違いを犯したら、何もかもが不信仰の結果になるのかい。

いや、ならないさ。
辛いことはすべて神様の試練なのだもの。
人生がうまくいっているときはイスラエルを例に出し、
辛い時にはヨブ記を出す。
そうやって、どう足掻いても喜ばせようとするんだよ。

悦びに溢れる姿のみを追いかけて、陰で泣いている人間が見えない信仰なんていらない。
この世でクリスチャンの地位を上げるだとか、数千人規模の教会が出来るだとか
この世に勝利するだなんてことに対して夢中になっている様は単なる乱痴気騒ぎにしか見えないんだ。

ハレルヤ、ハレルヤと叫びながら自分の矮小な脳味噌で考えた限界の行いをすれば後は神様にお任せさ。
自分自身に対しての責任などこれっぽっちも持たずに、神様の赦しを存分に受けて好き勝手なことを喋る。
自分自身の吐く言葉がまるで絶対的に正しいかのような物言いで、この世の価値観を裁いていく。
裁いた結果、後に間違っていたとしても「神様を追い求める」と言えば、それが免罪符さ。
後は周りが勝手にハレルヤと叫んでくれる。

そして、言うんだ。
私たちは既に勝利しているってね。
ローマの八章を持ち出して、自分がこの世に勝利しているかのように言うんだ。
まるで、達成感や征服欲のために信仰しているようだよ。
一体、何に負けたくないっていうんだい。

別に勝ちたくなんかないんだよ。
この世に勝利することだなんてことに、これっぽっちも興味が無い。
優しくありたいんだよ、僕は優しくないから。

神様を隠れ蓑にしながら他人を踏みつけた上での幸せなら捨ててしまおう。
イエス様は、僕の記憶だと弱い人間の味方だった気がするんだよ。
嫌われていた人間の家に行くような人だった気がするんだ。

なあ、仕えようぜこの世に。
この世を少しでも良いものにするために、この世に仕えようぜ。
自分たちが多数派になろうとして、手段を選ばずに生きていればそれは
どこぞのクリスチャンが嫌うこの世と一緒だよ。

クリスチャンとはキリストに倣うものだと言うなら、一番惨めに生きながら幸せだと叫ぼう。





にほんブログ村 キリスト教・クリスチャン

ランキングに参加しています。ランキングを上げたくない方は、クリックしないでいいです。







スポンサーサイト


この記事に対するコメント
あなたの言うとおりだ とても素晴らしいメッセージだった
【2013/02/09 20:47】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://hitoemabuta56.blog87.fc2.com/tb.php/268-8e465703



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。